teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


『下記表記誤記のご報告』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 4月22日(土)09時06分8秒
  下記の当方の書き込みに関しまして、誤記がございましたので、
修正ご報告申し上げます。

『舞神楽を暖かく見守りましょう』の箇所の『暖かく』の表記でございますが、
この場合、『温かく』が適切なる表記と判断させて戴く次第でございます。。

誠に失礼致しました。

取り急ぎご報告まで

         船橋を愛する男性より
 
 

『静寂を守り続ける舞神楽』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 4月21日(金)23時26分39秒
  ここのところ、サイトにて舞神楽の動静が皆目把握できないところであります。
あの、舞神楽掲示板の番人であられる、舞神楽が生んだ生真面目な淑女『掲示板係しましま』氏さえ、
頑なとまでと言っていい程に沈黙を守っておられる。

また、4月と言えば、舞神楽はアンデルセン公園にて新作のお披露目を行うはずであるが、
今年は恒例のその行事も企画されてはいない。

またこの時期に及んでも、『舞神楽2017』の情報の一切合切をファンは把握できていない現況にある。

結論から言えば、舞神楽は来る6月に挙行される札幌の『YOSAKOIソーラン2017』に
向けて、ひたすら頑なまでに沈黙を守り続けている事が想定される。

即ち、現状、『舞神楽2017』は封印されている状態であるが、準備は着々と水面下にて
隠密裡に推進されている事だろう。

それだけに、『舞神楽が『舞神楽2017』に賭ける想い』がつぶさにひしひしと伝わってくる
思いがするのである。

私には、舞神楽が沈黙を守り続ける、その思惑を大いに理解できるところである。

そして、『頑張れ!舞神楽』と思わず呟いている自分がいる。

時が経てば、『しましま』から新たなる情報が開示されよう。
氏も、その時機が到来するのを、今か今かと、手ぐすね引いて待っておられる事であろう。

ファンの皆様へ

今は、沈黙を守り続ける舞神楽を暖かく見守ろうではありませんか。
それがファンである我々に唯一出来る事なのだから。

                                                 船橋を愛する男性より
 

大変遅くなりすみません!!

 投稿者:?たぁこ?(☆セレナ☆)  投稿日:2017年 2月12日(日)08時50分31秒
  しましま様ぁ~!!返信ありがとうございます(*´艸`*)
そして返信が大変遅くなり申し訳ありませんでした・・・
しましま様方々もあの雨の中 本当にお疲れ様でした!!
どうしても舞神楽様にシール貼りたくて(;´∀`)本当にドキドキしながら
お声かけして良かった!!お疲れなのに足を止めさせてしまいすみませんでした。
でも…すっごく嬉しく思わず娘とキャーキャー言ってしまいました(ノ∀`)
ですねぇ!!メインステージのあの人混みの中 しましま様にお声かけられ
逆に凄く感動しました(´;ω;`) 30分…いや!もっと話しましたね♪
『雨の中での旗の共演を観てカッコイイね!』とか♪私も楽しかったし嬉しかったです☆
御心配ありがとうございました!!風邪は大丈夫でしたヾ(o´▽`)ノ
しましま様は大丈夫でしたか??ずっとお逢いする事もなかったので心配してました。

もちろん!!これからも応援させて頂きますヾ(*´∀`*)ノ
新曲での素敵な演舞もドキドキしながら楽しみにしております!!

労りの言葉頂きありがとうございます☆彡
まだまだ寒い日が続きますので しましま様・REDA舞神楽・スタッフ皆様も
風邪などに気をつけて御自愛くださいませ♪

またちょこちょこ来ますね^^
 

すんげ~??

 投稿者:札幌のレダノフ  投稿日:2017年 2月10日(金)22時06分4秒
  今日、桃神祭2016をゲット~??


あんな感じで出てこられたとは??


合間合間で練習も大変だったと思います。


でも、でも、見てるしか出来ない自分達夫婦ですが、、、。


出た瞬間、、、

かっけー!


の一言。


あの曲でのあの節回し。


泣きました。


大の大人が、、、。

でも、いいんです!


好きなんだから(笑)

できれば皆んなに見てほしいな(笑)
 

『誠にかって乍『舞神楽ファミリー』と呼ばせて戴きます』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 1月26日(木)07時29分42秒
  私と致しましては、『舞神楽』の事を、誠にかって乍ら、
『舞神楽ファミリー』と呼ばせて戴きます。

『舞神楽ファミリー』の構成と致しましては、
『団長、元先生、F森氏を始めとするMC隊、
 志摩氏を始めとする踊り子隊、ミースケ歌姫、
 舞台裏の旗士を始めとする旗士隊、スタッフ隊の面々』
そして、『よさこいを踊る小学校教師あゆままを始めとする
舞神楽を退団された方々』

ところが、以上では、決して『舞神楽ファミリー』とは呼べや
しないのであります。

『舞神楽ファミリー』と呼称させて戴くには、
上記構成に加えて、『舞神楽ファン』が加わるのであります。

即ち、何処までも何処までも『舞神楽』を撮り続けた『追いかけカメラ様』、
動画の名手『Onochan様』、
地方へのご転勤後も地方から、『舞神楽』に熱きエールを送り続ける
『北斗様』
『いちよう祭2016』の純粋なる感動動画をアップされた『いちげき様』
等々のファンの皆様を必須要件として加えさせて戴きまして、初めて、

『誠にかって乍ら、『舞神楽ファミリー』と呼ばせて戴きます』

                     船橋を愛する男性より
 

桃神祭2016Blu-ray&DVDが発売になります

 投稿者:ももクロちゃんとREDAさん大好き札幌母娘  投稿日:2017年 1月23日(月)22時27分7秒
  こんばんは。
あと半年もすると、我が札幌で生REDAさんを観れるんですねえ~~(^^)待ち遠しいです!
2/8に、桃神祭のBlu-ray&DVDが発売になるにあたり、Twitterでちょいちょい映像が公開されております。
本日解禁の映像は、REDAさん登場のWe Are Bornです。
ぜひ観てください!

https://twitter.com/momoclo_king_pr/status/823500544350134273
 

舞2017、始動しました

 投稿者:しましま  投稿日:2017年 1月22日(日)13時01分59秒
  新しい年がスタートして、早3週間。

先週から、新作に向けて始動しました。
今年のテーマも発表されました。
ほお~、そんなテーマね。ふむふむ。
残念ながら、お披露目の日までは公表できません。
桜の咲くころまで、お待ちくださいね。

冷蔵庫の中のような、いや冷蔵庫は5℃とかですから、もっと寒い夜の体育館。
始めは寒くて手足が冷たくて体が固まってしまっているんですが、
踊ってると体はポカポカ、汗までにじんできます。
まだまだ振りはお試し段階ですが、すでに筋肉痛。
みんな気合が入ってますよ~。
大きな大きな目標がありますからね。

今年の舞神楽もよろしくお願いします。




>舞神楽の団長のファン様
いつも熱いメッセージをありがとうございます。
舞神楽のことを心配してくださり、舞神楽に期待してくださり、
そして、進むべき道を示唆してくださり、ありがたいことです。
舞神楽の団長のファン様のおっしゃる「出る杭は打たれる」は、舞16の中にもありました。
全員で寝てしまう場面です。
「あ~、『出る杭は打たれる』とあんた、言うけれど~。
 打たれど打たれど、打たれども、負けるな、負けるんじゃねぇ。
 あの空目指して、走るのじゃ~~♪」
私はあのシーンが大好き。
歌詞と振りが自分自身に元気を与えてくれます。
今年の作品も、舞神楽ワールド炸裂の
『大胆不敵、徹頭徹尾、純生舞神楽を貫き通すのみ』で、突き進むんじゃないでしょうかね。
私も舞神楽の一員ですが、どんな展開になるかは元先生しかわかりませんから、
これは私個人の単なる予想ということで・・・
ポパイの地団駄と馬鹿と歴史を変えようとする強い心。
今年の舞神楽も楽しみにしていてください。
頑張りますよ~。


>札幌のREDAノフ様
札幌からお越しくださりありがとうございました。
雨降らないで~~!と、願っていたのですが、途中からあいにくの雨。
雨に濡れて体調壊されませんでしたでしょうか。
動画、拝見しました。
カメラに収まったお客さんの声が、嬉しくて3度ほど観てしまいましたよ。
REDAシャツ、着てくださっていたんですね。
あの階段を上るとき、そんなお二人をお見かけしたような。
次は半年後の札幌で生舞神楽を観て頂けるんですよね。
その時は是非お声をおかけください。
応援、ありがとうございました。








 

『よさこい馬鹿 舞神楽『』

 投稿者:舞神楽の団長のファン  投稿日:2017年 1月21日(土)03時12分53秒
  さて、『YOSAKIソーラン2016』を振り返ってみますと、
『舞神楽』が、2年連続、準大賞を手中に収めた事実があり、
凡そ3万人もの出演者があるよさこいのメッカ、天下の
『YOSAKOIソーラン』にて、厳しい言い方をするならば、
『単に、普通に踊っていては、大賞受賞は決して不可能』
であるという、自明の通りでございます。

では、私が期待するのは、舞神楽の持ち味であるところの
『革新的よさこい』に関してですが、『革新的』という範疇は、
よさこい芸術のみならず、どこの世界に於いても、排他的に
扱われるものなのです。

故事に『出る杭は打たれる』の譬えあり。
保守派から見れば革新派は、
『歴史を踏みにじる存在なり。うざい!』と思われるのが
常であります。
例えば、云いたい放題に意見を云わせて戴いている当方が、
『胡散臭い、うざいおっさん』と皆様から煙ったがれている様に……。笑

であれば、
『大賞受賞に向けて、舞神楽はどうするのか』
という命題を掲げさせて戴きたいと存じます。

革新派が、排他的に扱われるのが芸術の世の常であるのなら、
舞神楽は、
『革新と保守の中道を歩もう。これまでの舞神楽の路線を放棄し…』
それも、大いに一理ある構想です。

ですが、私でしたら、あくまでも私の意見にて恐縮の限りでございますが、
『『舞神楽』なるものを、強力に前面に押し出し、舞神楽そのもの、
即ち、『徹頭徹尾舞神楽』であってくれれば、ここ数年に見られる
革新的舞神楽であろうが、初期に見られた保守的舞神楽であろうが、
宜しいもの』
と捉えており、私が云うのはおこがましい限りでございますが。
私でしたら、
『大胆不敵、徹頭徹尾、純生舞神楽を貫き通すのみにて候』
でございます。

実は、私はラーメンフリークでして、これまで全国600店舗の
ラーメンを食したという男です。そのラーメン店の中に
ラーメン界の王道的存在『ラーメン二郎』が存在します。
このラーメンには熱き信奉者が大勢おり、彼らは『ジロリアン』と
呼称されております。
私もその『ジロリアンの一人』である事は言うまでもありません。笑

その『ジロリアンたち』は二郎ラーメンを、
『ラーメン二郎はラーメンではない。それは『二郎という唯一の食べ物』』
と大胆にも怪気炎を挙げております。笑

そこで、当方の熱き願望で恐縮の限りでございますが、
上記『ラーメン二郎ジロリアンたちの名文句』からヒント得え、
舞神楽のこの数年間の方向性を鑑み、そして、今後の趨勢を予見させて戴き、

『舞神楽はよさこいではない。それは『舞神楽という唯一の踊り』なり』

と捉えさせて戴き、さらには大胆にも

『 『よさこい界の舞神楽』と包含される位置付けではなく、
 あくまでも『舞神楽のよさこい』 』

と捉えさせて戴きます。

さて、『舞神楽2016』に於いては、事もあろうことか。
踊り子たちがその衣装の背に、何と、大胆不敵にも、
『馬鹿』
と表記された文字、各踊子が『馬鹿』という二文字をしょって、
各祭り会場を胸を張って、恥じらいの色も無く、
飄々と闊歩していた事実が挙げられますが、
舞神楽は、大胆不敵に過ぎやしませんか。笑
それも踊り子の背中にデカデカと……。

感動性に富むと云われている典型的なO型である私は、
こういうの好きですが。笑

誤解があるといけませんので、捕捉させて戴きますと
2年目の女性MCが深みのある声色で、声高に、
『『馬鹿になれ』と言っていますが、これは物事に真一文字(まいちもんじ)に
なって突き進めという素敵過ぎる言葉』
であると、当方、勝手に解釈させて戴いております。

これが革新で無くして、何をか革新でありましょうか。
この『馬鹿』の二文字で、舞神楽は、既に、

『よさこいの歴史を変革しています』

大胆不敵にも、この
『馬鹿の二文字を踊り子にしょわせた人物は
トロフィー授与もんでないでしょうか』 笑

『馬鹿』を踊り子が、大胆にもしょっている以上、
当方もさらに云わせて戴きます。

『馬鹿は馬鹿でも、『よさこい馬鹿 舞神楽』』

叶うならば、
『舞神楽2016』に於いて、あの『舞台裏の旗士』に、
舞神楽の数ある大旗の中でも、一番目立って素敵な
『黄色に黒字の大旗』に
『大胆不敵 よさこい馬鹿 舞神楽』と染め抜いて
華々しくも雄々しく振って欲しかった。笑

『千葉は船橋に、よさこいに憑かれてしまった一団あり。
 その名は、『大胆不敵、よさこい馬鹿 舞神楽』 』

                        了
舞神楽のご活躍を祈念して
                  船橋を愛する男性より
 

最高でしたっ!

 投稿者:札幌のREDAノフ  投稿日:2017年 1月11日(水)17時00分19秒
  東京ふるさと祭りでの演舞お疲れさまでした。

札幌から参陣した自分たちも大いに盛り上がりました!!

嫁さんと2人でREDAシャツを着て勝手に一体感になった気分で(笑)

しかしながら途中から雨が強くなり皆様大変だったろうと思います。

そんなこんなで声をかけるのを控えさせていただきました。

だがしか~し、6月のソーランで逢えることを信じてそれまで想いを楽しみにとっておこうと思います。

https://youtu.be/lDGwqIm8JNs

ではでは。
 

【舞神楽2016口上に対する純粋なる熱望】

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 1月 8日(日)00時28分26秒
  謹啓
舞神楽2016の女性MCの口上に関しまして、言葉不足
でしたので、補足させて戴きます。

即ち、

『歴史を変えるのは誰だ?
 オレだ、舞神楽だー』

と大胆に過ぎるご口上、少なくも他のチームでは、決して
吐露出来かねるご口上を、さらには、よさこい界に一閃切り込む如しのご口上、
『舞神楽』は大胆にも公の場で公表されております。

素晴らしい事です。

当ご口上に関しましては、舞神楽団長、以下、執行部の
面々も認知した上での、舞神楽全員の総意となる
ご口上と察しております。

さらには当ご口上、明らかに、今後の『舞神楽』の方向性を標榜されている
ものと、認識させて戴く次第でございます。

即ち、当ご口上を当方、誠に恐縮の限りでございますが
自分なりに解釈させて戴きますと、語弊があるやも
知れませぬが、

まさに、良い意味での
『現段階に於ける、よさこい界への挑戦状』
をご提示されたものと捉えさせて戴く次第でございます。

さらには、一方的に大上段から構えさせて
戴きますと、

即ち、良い意味での、
『よさこい界の既成の概念の打破、
 舞神楽が生み出す、新たなるよさこいの展開という大風呂敷』
を大いに期待させるご口上でございます。

思いは、『舞神楽』が、当口上を公の場に公表した以上、
『舞神楽により、よさこい界の歴史を変えて
 戴きたい』
と、強く、強く熱願するところでございます。

つきましては、
2017年を迎える当たり、舞神楽全員一丸となり、
『歴史を変えるのは誰だ?
 オレだ。舞神楽だー』
たる歴史の変革に向け、そのご口上通りに
真一文字(まいちもんじ)にやっていただきやしょう。

                     敬白

              船橋を愛する男性より


 

『ポパイの地団駄を知らない世代の方へ』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 1月 7日(土)18時36分17秒
  私は、子供の頃、テレビで『ポパイ』を観ていて、
幾度となく、ポパイがヒスを起こし、地団駄を踏む場面を見ています。

ポパイとは、ほうれん草を食べると強力になり、ライバルのブルートと
ぶつかっては、事あるごとにヒスを起こし地団駄を踏んだものです。

現在、ポパイはコンビニで雑誌のタイトルとなっており、
因みに、ライバルのブルートという雑誌もコンビニに発売されています。

ポパイとは、ウルトラマンの様なヒーローですね。

                     船橋を愛する男性より
 

『よさこい界の革命児、革新の先駆者を標榜する舞神楽』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2017年 1月 7日(土)18時21分15秒
  【『舞神楽2016』を振り返って】

私は、『舞神楽』のここ数年の動向を観てきて、
『舞神楽はよさこい界の革新主義者』と捉えて
おり、
当掲示板に於いても、北海道勢が『保守的よさこい』
と位置付けるならば、『舞神楽のよさこいは革命的』
と位置付けで参りました。

そして、その傾向は顕著に『舞神楽2016』に於いて
強く打ち出されていると実感しております。

【舞神楽2016演舞に関して】

冒頭の部分、私にはどう観ても、上腕二頭筋モリモリ
のポパイが、ヒスを起こして地団駄を踏んでいる
としか、見えないわけです。

恐らく、我々、昭和30~40年代以上のポパイ世代には
、私と同様に思っていらっしゃるのではないかと。笑

その『ポパイの癇癪』に見える踊りを、舞神楽の
ポパイ世代ではない、若き世代が懸命になって
これでもかこれでもかと表現しているのが
素晴らしい。

こんな個性的なよさこいの演舞は観た験しなし。

当然の事ながら、私には『ポパイの地団駄』にしか
見えない、冒頭の踊りを発案された方がいらっしゃる
わけであり、その発案者の方は、
この『ポパイの地団駄』を
自ら入念に踊りに踊りまくった結果、満を持して
隊員にお披露目されたわけです。
その熱過ぎる思いがヒシヒシと伝わってきており、
そう考えると素敵過ぎる話です。

この冒頭の個性的な演舞だけでも、かなりポイントは
高いでしょう。

この私には『ポパイの地団駄』に観える冒頭の演舞、
動画で何度も繰り返し観てますが、全く飽きません。
何か、『麻薬の様な演舞』です。

この冒頭部分の演舞だけを観ても、これは、
『保守的なよさこい』ではないだろう、
まさに『よさこい界の革新』と
実感しております。

【舞神楽2016の口上に関して】

新任の女性MCさんに声高に
『歴史を変えるの誰だ?
オレだ、舞神楽だー』
と言わしめていますが、
まず、『歴史を変えるの誰だ?』と観客に問いかけて
一挙に『舞神楽だー』と持ってくる手法が上手い
ですし、このフレーズまさに、今後の舞神楽の
姿勢を、未来を期待させる事を如実に顕しており、
このフレーズだけで、既に舞神楽は

『よさこいの歴史を変えています』

こんなフレーズを導入する、他のよさこいチームは
日本広しと謂えども、他に験しなし。
唯一、舞神楽だけなり。
まさに感動もんです。

このフレーズを発案した方は、表彰もんですね。

さて、『よさこい』の素晴らしさは、
『柔軟にして自由奔放に創造性のある踊りを
 創りだせる事』
にあると考えます。

同じ四国を発祥の地とする『阿波踊り』では、
そうはいかんです。
高円寺の『阿波踊り』を観に行ってますが、
毎年同じ保守的な踊りを踊っています。

『よさこい』は、その創造性と革新的な姿勢が
あってこそ、『よさこい』たる所以であると
考えます。
      了

         船橋を愛する男性より



 

新年おめでとうございます

 投稿者:しましま  投稿日:2017年 1月 2日(月)20時39分41秒
  新しい年、2017年になりました。
今年もREDA舞神楽をどうぞよろしくお願いします。
そして、今年2017年が皆様にとって最高の年になりますようお祈り申し上げます。



今年初のイベントのお知らせです。


1月8日(日)ふるさと祭り
東京ドーム周辺&ドーム内にて


<演舞スケジュール>
13:36 クリスタルアベニュー(パレード)
13:47 メインゲート(22番ゲート)前広場(ステージ)

<総踊り(この地へ~)のスケジュール>
13:00~13:30 メインゲート前「総踊り」リハーサル
15:40~16:10 東京ドーム内お祭りひろば「総踊り」リハーサル
16:10~16:40 東京ドーム内お祭りひろば「総踊り」本番


この演舞が、舞神楽2016「馬鹿になれ!」の踊り納めになります。
作品と応援してくださった皆様に、感謝の気持ちを込めて踊りたいと思います。

今年もパレードからステージ演舞までの時間がタイトなので、
パレードが終わってから息を切らしながらダッシュで階段を駆け上がり、
ステージの隊形に並ぶ、っていう感じになると思いますが、
アフターで「美味しいものを食べる」という素敵なお目当てがあるので頑張ります(^^)/



>札幌のレダノフ様
あけましておめでとうございます。
年越し番組は、やはりももクロちゃんのアレだったのでしょうか。
あの5色のライトを見ていて、夏のライブの感動を思い出していた私です。
ふるさと祭りにお越し下さるとのこと、札幌からありがとうございます。
お目にかかれるのを楽しみにしています。
是非ともメンバーにお声をおかけくださいね。
今年1年がレダノフ様にとって素晴らしい1年になりますように。


>舞神楽の団長のファン様
あけましておめでとうございます。
何度も何度も投稿してくださっていたのに、お返事が年を越してしまってすいませんでした。
いちよう祭はわずか20分間のイベントでした。
南中から始まって、舞16、そしてうらじゃ音頭。
特別支援学校の生徒さんや卒業生の皆さんとの交流が楽しくて、元気をもらえるイベント。
しかも最後のうらじゃ音頭は、もう楽しさクライマックスで、緊張感なんかどこへやら。
その舞台裏の旗士の頑張りに目を向けてくださるなんて、なんて素敵なことでしょう。
いちよう祭に参加した旗士も読ませて頂いている思います。
こんなに褒めてくださったので、今年はますます頑張れちゃうと思いますよ~。
ありがとうございました。
『市民が全国に誇れる船橋』『日本一元気な街、船橋』
そんな船橋になったら、いいですね。
私たちもそのお手伝いができるように頑張りますね。
私たちの街 船橋を、ふなっしーだけじゃなく有名にしなきゃいけませんものね。
今年もどうぞよろしくお願いします。


>いちげき様
あけましておめでとうございます。
写真を見て、ヤキモチを焼いてしまったしましまです(^^ゞ
私が客席を回っていちげき様を探している間に。。。う~
今年の秋もいちよう祭に参加できたらいいなと思います。
また、どうぞよろしくお願いします。
どうぞ今年がまた良い年でありますように。


>☆セレナ☆様
あけましておめでとうございます。
黒潮よさこいでは、雨の中の応援、ありがとうございました。
利根川会場での他のチームさんの最終演舞を見終わったあたりから、降り出した雨。
パレード会場を歩いていたら、
「舞神楽さん、シール、貼らせてくださ~い!」
と声をかけてくださった笑顔の素敵な方とメイン会場のあの人込みの多い中でまたお会いできるとは。
何だか嬉しくて、
「先ほどは、シールをありがとうございました」
と私から声をかけてしまいました。
他チームの演舞を見ながら、雨の降りしきる中、いっぱいお話できて楽しかったです。
私はカッパを着ていましたが、セレナさん親子は傘もささずフードは濡れ放題。
あのあと風邪ひかなかったかな、と心配しておりました。
黒潮よさこい…準大賞。
お祝いのお言葉、ありがとうございました。
目標としていたてっぺんには届きませんでしたが、また諦めずに来年も頑張りたいと思います。
また応援よろしくお願いします。
お返事が遅くなったこと、どうぞお許しください。
これに懲りずに、また掲示板にお越しくださいね。
2017年がセレナさんのご家族にとって素敵な年になりますように。
 

今年は元気もらいましたー!

 投稿者:札幌のレダノフ  投稿日:2016年12月31日(土)17時28分52秒
  お久しぶりです。

札幌のレダノフです。

あ、ライブ終わってから結構経ってるからノフは古いかな?(笑)

今年も、直で見たり映像で見たりと見れば見るほど元気になれた一年でした!

来年はもっともっと見たいです。

あ、ふるさと祭りには参陣しますんでー!

年明けから舞神楽見るぞー!


では、これより仕事行ってきます(笑)

ふるさと祭りお会いできる事を楽しみにしています。

良いお年を…。
 

『12月の贈りもの』【いちよう祭2016舞神楽隊へ捧ぐ】

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月17日(土)01時20分35秒
  【いちよう祭2016舞神楽隊、一人一人へ告ぐ】

『純粋』なる大いなる感動を有難う。

 つきましては、

 『いちよう祭2016舞神楽隊に栄光あれ』

            船橋を愛する男性より
 

『12月の贈りもの』【舞神楽 舞台裏の旗士の舞】

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月 8日(木)05時15分20秒
  皆様へ

【舞神楽 舞台裏の旗士の舞】を勝手ながらアップさせて戴きます。

いちげき様、あなた様アップのURLを転用させて戴きました。失礼致しました。


                                                  船橋を愛する男性より

https://www.youtube.com/watch?v=ZzD2N6697Yc&feature=youtu.be

 

『12月の贈りもの』【舞神楽 舞台裏の旗士物語】

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月 7日(水)21時04分1秒
  『12月の贈りもの』【舞神楽 舞台裏の旗士物語】

※このたび、長文となりました事、心からお詫び申し上げます。

今回、私が出逢った舞神楽の旗士をモチーフとした
『舞神楽 舞台裏の旗士物語』を、『12月の贈りもの』として
ここに贈らせて戴きます。そして、その貴重な物語は、僅か数分の内に起きた
物語である事を、明記させて戴きます。

私が、舞神楽のその旗士と出逢ったのは、去る11月上旬に船橋特別支援学校にて
開催された『いちよう祭』での出来事です。
『いちよう祭』…、私は、いちげきさんがアップして下さった動画にて
拝見させて戴きました。

そこに、一人の舞神楽の旗士が登場します。
彼は、『2016いちよう祭舞神楽隊』が、『舞神楽2016』を演舞されて
いる最中、画面右手後方に位置取り、華々しく、そして雄々しく旗を振って
いました。

さて舞台は、舞神楽『どっこい姉さん』がMCとして『岡山県うらじゃ音頭』を
紹介され、舞神楽隊が、船橋特別支援学校の生徒さんを中心とした観客さんたちと
手を繋ぎ輪になって、心一つに踊りを愉しむ場面に移ります。

その時、私は、これまで観てきた舞神楽の旗士の旗振りの中で、これまで観た事の
ない、まさに私の心象に最高級の感動を呼び起こしてくれる、旗士さんに出逢う事
となります。

『よさこいの旗士』…。旗士が活躍される祭は、唯一、よさこいだけであると
思います。
『よさこいの旗士の旗振り』…。それは雄々しく、かつダイナミックで、さらに
男臭くて、まさに『よさこいの男の華』という『趣』があります。

数年前の事です。私は小見川で開催されたよさこい祭を見物しました。
その際、舞神楽の旗士を初め、他チームの旗士たち全員による『旗士バトル』を
観ました。その様は、まさに雄大そのもので、振られる大旗が夜空になびいて、
雄々しく映えていた事を想い出します。

さて、いちよう祭、舞神楽によるよさこい祭は『うらじゃ音頭』により、
佳境に入っていきました。その時、私の眼にしっかりと飛び込んできた光景、
それは、何と、事もあろうことか、設営されたいちよう祭の舞台の壁の裏側で、
一心に、ただひたすら旗を振り続ける旗士の存在でした。
一瞬、私は、その光景に唖然とし、自分の眼を疑いました。

『何故、よさこいの華である舞神楽の旗士が、舞台の壁の裏側で大旗を振っているのか』

当然、旗士は舞台の壁の裏側で大旗を振っているために、動画で観る限り、
その旗士が大旗を振り続ける姿は、一切、画面上に捉える事は出来ません。

画面上、観る事が出来るのは、当の舞神楽の旗士の姿ではなく、設営された
数メートルある舞台の壁の上部と脇から、部分的に見え隠れする
『舞神楽の黄色い大旗』だけです。

この『舞神楽の黄色の大旗』…。舞神楽で準備されている大旗の中でも、
『祭』にひときわ映える黄色をしており、その面には黒色で、舞神楽のイメージを
大胆にシンボライズ化した絵柄が描かれています。
そう、黄色地に、黒色の大胆な絵柄がマッチして、殊の外素敵なのです。

さて、『舞神楽 舞台裏の旗士』は、懸命に大旗を振り続けます。
その思いは、舞台に見え隠れする、振られる黄色い大旗の一部分を観れば
一目瞭然…。
まさに『舞神楽 舞台裏の旗士』の息詰まる雄姿が想像でき、彼の深い息づかいさえ、
リアルに聞こえてくる様です。

そして、画面はさらなる感動を呼び起こす事となります。それは画面を
よくよく注視しなければ確認出来ないのですが、輪になって踊る人々の後方に、
一人の若い女性が現れます。
そして彼女はそのまま、一人奮闘する『舞神楽 舞台裏の旗士』に向けて
スマホをかざし、その雄姿を見届けつつ画像に納めていきます。
それは、素敵過ぎる光景です。

そこで私は、敢えて『舞神楽 舞台裏の旗士』の目線に立ってみようと
思い立ちました。
即ち、その時、『黄色の大旗を振る旗士に見えていたものは、一体何か』
それは、彼の雄姿を目で追う熱き観客の眼差しではなく、一つ心にして、
『うらじゃ音頭』を踊る観客でもなく、そして、一緒に手を繋ぎ踊る
『舞神楽隊』ではなかったはずです。

『黄色の大旗を振る 舞神楽 舞台裏の旗士』に見えていたものそれは…。
設営された数メートルの舞台の壁の裏側に組み込まれた鉄パイプと、
殺風景な舞台裏の光景のみ…。
そんな決してスポットライトも当たるはずもない、殺風景な舞台の裏側と
いう悪しきシチュエーションの中で、『舞神楽 舞台裏の旗士』は黄色の大旗を
ただひたすら振り続けるのです。
その彼のけなげでひたむきな姿は、私に大いなる感動を呼び起こしてくれました。

その光景は、これまで私が見てきた数ある『よさこいの旗士たちが演じるパフォーマンス』の
中で最高級のものでした。

そして、さらに続けます。
それでは何故、『うらじゃ音頭』の披露の際、『舞神楽 舞台裏の旗士』は
画面右側の後方、即ち、当日、『いちよう祭舞神楽隊』が『舞神楽2016』を
披露した際に、彼が踏んでいた立ち位置で黄色い大旗を振らなかったのでしょうか。

そこで、私は思いました。
即ち、『うらじゃ音頭』で旗士が、大旗を振る事は、事前の『シナリオ』に
存在しなかった事が想定されます。つまり、『舞神楽2016』の演舞では、
当初から旗士は、旗士としての役目を遂行する事になっていた。

それを『うらじゃ音頭』で旗士が大旗を振ったのは、旗士個人の主体性を
持ったアドリブによる、にわか創りの即興が行なわれた事をうかがわせます。
その根拠となるのが、旗士が正規に旗を振るのであれば、まさか舞台の
壁の裏側で振るなどという、前代未聞にして荒唐無稽(失礼)と云っても
過言ではない行為に及ぶ事はないでしょう。

それでは旗士が、何故にそのイレギュラーな前代未聞の、荒唐無稽(失礼)といえる
挙に出たのでしょうか。
この点こそが、この『舞神楽 裏舞台の旗士物語』を物語る上での最も重要な
ポイントとなると考えます。

以下は、私の想定の域を出ません。何故なら、事の真意は全て
『舞神楽 舞台裏の旗士』の心の裡にあるのですから…。

そこで、『舞神楽 裏舞台の旗士』には、誠に失礼の極みでございますが、
彼の心の裡を覗かせて戴きたいと存じます。

①『うらじゃ音頭』で旗士は、大旗を振る予定はなかった。
そこで、旗士は、主体性を持った己の意思で大旗を振る事とした。

②その思いの根底にあるのが、『いちよう祭2016舞神楽隊』への思いで
なかろうか。そう、いちよう祭に集結した仲間のために…。
そして、いちよう祭に来られた観客の皆さんへの心のこもった演出で
あったのではないか。

③志あるこの旗士は、旗士として『いちよう祭』に貢献しようとした。
そこで、彼は『うらじゃ音頭』を盛り上げようと思い立った。
彼は、謙虚な性格の持ち主なのであろう。その性格からなのだろう。
彼は前面に立って大旗を振る事は避けた。
そこで彼が採った行為は、『舞台裏の旗振り』であった。あ

そして、最も重要なポイントは、『舞神楽 舞台裏の旗士』が旗士である事に
自負心を持たれ、至る場面毎にその責務を全うされ続けており、
『舞神楽の旗士』である事を愛しているであろうという事です。

さて、『舞神楽 舞台裏の旗士』のパフォーマンスこうして終了します。

目立つ事を避けた謙虚なる『舞神楽 舞台裏の旗士』の大旗振り…。
『いちよう祭』に十二分に『華』を添えてくれたのです。

はたから見れば、
『何をこのおっさん(私)、自分に酔っているのか』と、私は皆さんのご指摘を
受けるところでしょう。ならば、私はそのご指摘を甘んじてお受け致しましょう。

はっきり申し上げれば、難解な、私の自分勝手な解釈など必要ないのです。
その私の行為は、おこがましい限りです。
要するに、そこに有るものと云えば、私が『舞神楽 舞台裏の旗士』の
意表を突く、志あるパフォーマンスに『純粋』に感動したという事実であり、
それだけ有れば充分な事なのです。

さて、『舞神楽 舞台裏の旗士物語』のエピローグを迎えます。

私は、画面上、『うらじゃ音頭』の披露を終えた『2016いちよう祭舞神楽隊』が、
観客を前にして、一列になって挨拶する場面に出合います。
ところがその一列に、今しがた、舞台裏で黄色い大旗を振っていた
『舞神楽 舞台裏の旗士』の姿はありませんでした。

私は目を凝らして、彼の姿を探して画面を追います。
すると、画面右手後方に小さく、一人挨拶をする『舞神楽 舞台裏の旗士』の
姿が遠目に見えるではありませんか。
唯一残念なのは、画面上、距離感があり、旗士の表情を窺い知る事すら
出来ません。

そして彼は、前方の観客に向けて、これ以上はないといった、礼を尽くした
深々とした一礼をされ、画像は終了します。

『舞神楽に旗士あり。しかも舞台裏にあり』

                    (了)
                                       船橋を愛する男性より


 

『重ね重ねお詫びのご連絡』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月 7日(水)05時27分58秒
  下の誤記のご連絡に関しまして、
ばつ 清廉潔癖
まる 清廉潔白
『ばつ』『まる』を記号にて入力致しましたところ、表記が『?』になってしまいました。
重ね重ね失礼致しました。心からお詫び申し上げます。冷汗
 

『再び誤記のお詫びのご連絡』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月 7日(水)04時59分27秒
  さて、当方の下記投稿に関し、
船橋市長、松戸徹様のご性格に関して、触れさせて戴いた箇所について、
以下の通りの明らかなる誤記がございましたので、ご連絡申し上げます。
? 清廉潔癖
? 清廉潔白

清廉潔癖などという四字熟語は存在致しません。汗
大変失礼致しました。
 

『下記手記誤記訂正のご連絡』

 投稿者:『舞神楽の団長のファン』  投稿日:2016年12月 1日(木)14時18分3秒
  下記冒頭にあります『松戸徹船橋市長が市長選に向け再出馬された』は誤記であり、正しくは、『松戸徹船橋市長が市長選に向け再出馬されるご予定』が正しき表記となります。失礼致しました。  

レンタル掲示板
/68