teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ID交換(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


亀戸天神藤まつり

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月30日(日)12時26分19秒
  午前中に亀戸天神の藤まつりへ行ったらこんな状態でした。
喫茶店「セダン」でケーキセットを食べて帰ってきました。
ここは静かで落ち着けるところです。軽食もOK。
 
 

Re: ヒトリシズカ

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月29日(土)23時06分30秒
編集済
  >可憐で小さな花ですが、なによりも名前が好きです。

私もそういうのありますね。「こでまり」、「じゅうにひとえ」、「むらさきしきぶ」等々・・

さらに名前にちなんで秘められた伝説なんかあったら一層興味をそそられます。
「ひとりしずか」は静御前から来ているそうですが、
http://plumkiw948.at.webry.info/201203/article_31.html

ローカルネタですが、夏に咲く「さぎそう」も秘められた伝説が有って気になる花なんです。
http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/shiro/tokiwa.htm

てなわけで、近郊でどんな花が見られるのかはチェックしてたりします。
http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/sugi/hanano.htm

石楠花は東京近郊ではもう終わっていて残念ながら見逃してしまいました。
でもって、代わりに庭で咲いていた園芸品種のジュウニヒトエの花です。
野生種は山野でも滅多に見られないそうですが、園芸品種は綺麗で丈夫なんですよね。
 

RE:ヒトリシズカ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月29日(土)22時01分27秒
  一箇所から花茎が2本出ているのがあって、フタリシズカといいます。


 

シャクナゲ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月29日(土)18時58分25秒
  むかし6月にシャクナゲを見ようと金峰山に登ったことがあります。
富士見平小屋前にテントを張ってピストンしたのですが、金峰山小屋に定員の
2倍の登山客が押し寄せたそうです。もう横になることもできずヒザを抱えて
座っているだけだったようです。
↓向島百花園のシャクナゲです。先週末に撮影。
 

Re: ヒトリシズカ

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月29日(土)16時33分38秒
  陣馬山ですか。 懐かしいですね。

私も、犬ヶ岳にシャクナゲを見に行く筈だったのですが、山道具を積んだまま車を車検に
出してしまった事に昨夜気がつくという大間抜けで諦めました。

で仕方なく、近場の山へ。 いつもの山ザックではなく仕事で使っているリュックで行きま
した。


https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1117373.html

低い山ですが、変化がある山で、楽しかったです。
 

ヒトリシズカ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月28日(金)22時17分44秒
編集済
  ヒトリシズカを見るために陣馬山へ行ってきました。
可憐で小さな花ですが、なによりも名前が好きです。
ひとりなのに群生しているのはご愛嬌。
http://65124258.at.webry.info/201704/article_19.html
 

RE:毀誉褒貶

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2017年 4月28日(金)19時47分23秒
  そういえば、メーカー製のサークロトロンもありましたね。
良いこといっぱい書いてありますが、評判はどうなんでしょうね。

http://www.uesugilab.co.jp/pdf/Uesugi_ProductsInformation_UB120.pdf
 
 

毀誉褒貶

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2017年 4月28日(金)18時56分51秒
編集済
  言い得て妙でしょうか。まぁかなりのベテランでも苦戦するのですからね。
私の場合は3作目にしてやっと真価が分かりましたが、普通の人はそこまで至らないまま
結論してしまうのではないでしょうか?
確かに誰にでもおすすめできるものではありませんが、私は苦労する価値はあるんじゃないかと
思います。
かつて上條さんは「CSPPは一部のマニアだけのものであって欲しい」と書かれていましたが、
既にマッキントッシュタイプは誰にでも挑戦できるものとなってしまいましたので、現在では
サークロトロンがそういう存在なのでしょう。

7233の方はまだ評価できませんが、こちら↓は素晴らしい結果でした。

http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/12B4Acirclotron/12B4Acirclotron.pdf


7233アンプは5月6日に愛知県安城市の試聴会で、それ以降は関西で露出しますので、
興味のある人は音を聴いてみてください。

 
 

Re: 既に発表済み

 投稿者:ポール牧  投稿日:2017年 4月28日(金)14時54分17秒
  >私の場合は、これらのトラブルでかなり悩まされましたので。
物事、考えだけで無く、実際の体験は貴重な経験となりますねえ。

>藤井氏はどのように対処したのか、それだけでもご教授頂けると有り難いです。
経験された現象は、CIRCLOTRON特有のモノです、特効薬は無くアンプの性質を考慮すると理解が深まります。
この時期、藤井氏の提唱された「μモード・プッシュプル アンプ」等は、影響された方は多い筈です。

当方の感想、折角ARITOさんが製作されていますので、
「毀誉褒貶」としておきましょう。
http://www.kokin.rr-livelife.net/yoji/yoji_ki/yoji_ki_4.html

「CIRCLOTRON CIRCUIT」
http://phase.main.jp/tron/

http://phase.main.jp/

 

Re: 既に発表済み

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2017年 4月28日(金)06時46分27秒
編集済
  電源投入時、球が暖まるまでのジーノイズは、両足巻きの電源トランスで各チャンネルのフローティングの
B電源巻線を2つのコイルに巻き分ければ解決するのですが、EIコアの電源トランスではB巻線間に
静電シールドを入れても発生します。

でも整流管を使ってアンプと電源が一緒に立ち上がるなら、EIコアでも発生しないかもしれませんね。

B電源巻線間の浮遊容量によるクロストークは静電シールドによって解決できますが、B電源だけでも
4つ持たなければならない電源トランスをユニバーサルな仕様にするのは困難なので、どうしても
特注トランスになってしまいますね。

ラジオ技術誌に塩田氏が発表したKT88サークロトロン2題で使われたトランス類は染谷電子から
入手することが可能です。昨年9月号の6973サークロトロンに使われたトランスはコアが入手できなく
なりましたので、もし製作してみたい方がおられましたら他の材料で代替を検討します。
 
 

Re: 既に発表済み

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月28日(金)00時45分50秒
編集済
  整流管でモノアンプ仕様ですか。それでも実用上は問題なく使えますが、
根本解決ではなく、上手く逃げたと言う感じかな・・・
何か参考になればと思ったのですが、良い対処法はないみたいですね。

一般の真空管アンプのようにステレオで組む為には、
どうしても特殊な電源トランスが必要になるのがネックなんですよね。
 

Re: 既に発表済み

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月27日(木)21時00分25秒
  > ジーノイズやクロストークなどCIRCLOTRON特有のトラブルについて
整流管を使用、クロストークは測定していないのではないでしょうか。
あるいはモノアンプ×2とか。
 

Re:既に発表済み

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月27日(木)19時15分17秒
  おやっ、そうでしたか。これは失礼しました。
今はラ技誌もMJ誌も購読してないので判りませんでしたが、
過去に読んでいた号には見当たりませんでした。

今からパックナンバーを取り寄せる気力は無いですが、
「動作解析は相当徹底的」との事なので、
ジーノイズやクロストークなどCIRCLOTRON特有のトラブルについて
藤井氏はどのように対処したのか、それだけでもご教授頂けると有り難いです。
私の場合は、これらのトラブルでかなり悩まされましたので。

http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/claft/6cw5_circl2.htm

http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/claft/6cw5_circl.htm

なにしろ電源の平滑コンデンサーからでも信号が漏れるという事態は、
DEPPでは考えられない初体験のトラブルでしたから、
音が良いのは分っていても何作も作る気にはなれないのです。
 

Re:7233CIRCLOTRON

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2017年 4月27日(木)15時32分22秒
  サークロトロンは市販の電源トランスでは適当なものが無いので、他のCSPP類と比べても作り難いですね。
とっても良いアンプができるのに、良さを知るチャンスすらほとんどない状態であることを指してのお言葉だと思います。
サークロトロンこそ、その良さを知る限られたマニアのみが楽しむアンプかもしれませんね。

>音はどんな傾向なのでしょう。
以前製作した12B4Aアンプと共通したニュアンスを感じるものの、今はまだ音が硬くて、低域がショボいです。
良い方向へ化けてくれたら良いのですが....
 
 

既に発表済みです

 投稿者:ポール牧  投稿日:2017年 4月27日(木)14時56分33秒
編集済
  >ラ技誌にもMJ誌にも製作記事が皆無な理由なのかも・・

 CIRCLOTRONに関しては、藤井氏がラジオ技術誌に幾多の製作例が発表され、
その特徴、動作解析は相当徹底的に報告されておりますよ。
 ただし、「エレクトロボイス型」という名称ではありましたが・・・・。

 もし、製作されるのでしたら、一応目を通しておく事をお勧めします、
藤井氏とは、「増幅素子の初期感度」という題材でよく意見交換いたしました。
 氏の洞察力は素晴らしいものがあり、氏の報告は貴重である、と感じております。

著書、考え方、に関しましては、【武末数馬】が参考になります。


http://phase.main.jp/

 

Re:7233CIRCLOTRON

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月27日(木)12時32分56秒
編集済
  一年近く掛けたとの事で、音出し完成おめでとうございます。

それにしてもMT三極管PPで20Wも絞り出すとは素晴らしいです。
7233の規格表を見るとプレート損失は大きくなく、バイアスを深くしても
音質が損なわれないというCSPPの利点をフルに生かしていると思います。

一方、CIRCLOTRONとの事なので気になるクロストークも、10kHzで100dBと
上々なので、巻線間にシールドを挟んだ特別な電源トランスを巻いたのでしょうね。

・・・ここら辺りの事も、CIRCLOTRON方式は音も特性も優れているのに
ラ技誌にもMJ誌にも製作記事が皆無な理由なのかも・・

音はどんな傾向なのでしょう。大きなトランスからの印象では重厚な音が出そうですが、
私のCIRCLOTRONアンプでは、ナチュラルバランスの澄んだ音だったので、
もしもそんな音だったら、見た目の印象とのギャップで余計に注目を集めるかも?
 

7233CIRCLOTRON

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2017年 4月26日(水)21時45分32秒
編集済
  5月6日のTUBE(中部)持寄り試聴会のお誘いを受けて、ほぼ一年放置状態だった7233サークロトロンアンプが
やっとこさ音が出る状態になりました。何か刺激が無いと進まない状態だったので有難いことです。

試聴会までに慣らし運転が終わるといいけど....

http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/7233/7233Circlotron.pdf
 
 

Re: イタドリ

 投稿者:klmnji  投稿日:2017年 4月24日(月)22時47分51秒
  私は生のあのスッパ苦さが好きです。
調理したのを今日食べましたが、酸味も苦みもなく、上品なシナチクのような食感でした。
これもまた美味しゅうございました。
 

Re: 生椎茸

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月24日(月)11時47分47秒
  下に書いた、農産物を直売している近隣のお店(里の駅?)に廉価で生の奴が売っていますが、
残念ながらレジに持っていく事はないのですよね。 偶にあっても、そのまま親父の所へ
そのまま行きます。 自分の場合、椎茸もビールもどっちもダメなんですが(笑)
 

生椎茸

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月24日(月)11時29分9秒
  それに塩コショウを振ってバター炒めにすると
ビールのお供には最高なんですよね。
 

野草や山菜

 投稿者:姨捨SG  投稿日:2017年 4月23日(日)21時42分46秒
  そろそろ山菜の季節になってきましたね。当地ではたけのこや蕨はまだまだ先ですが(5月中旬以降)タラの芽は今盛りです。庭で栽培してます。ソメイヨシノは散り八重桜が満開、裏庭ではレンギョウがまっさかりです。その間にめのさんがお好きでないというものがぞくぞく出来てきましたよ。イタドリはこちらではあまり見かけませんね。  

Re: イタドリ

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月23日(日)21時03分3秒
  わらびは小麦粉を使うアク抜きを覚えてから苦にならなくなりました。 かえってタケノコの
方がめんどいです。 近隣の農産物直売所に出回ってます。 ワラビは姿を消して、タラの芽
やタケノコが並んでました。 我が家は、横着をしてゆでタケノコを買ってきて、タケノコの
味噌汁にタケノコご飯が夜の食卓に並びました。
 

Re: イタドリ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月23日(日)20時55分6秒
  イタドリってスカンポですよね。食べられるんですか?
生でかじったら酸っぱくてダメでした。シュウ酸を多く含むので沢山食べては
いけないみたいです。
私は天ぷらならヨモギ、アザミ、タラの若葉をオススメします。ヨモギやアザミ
はどこでも生えているし、タラの若葉はトゲトゲがありますが天ぷらにすると
気になりません。
もしヤマウドがあったら酢味噌和えにすると美味しいです。
コゴミやワラビは処理が面倒なのでやりません。
 

イタドリ

 投稿者:klmnji  投稿日:2017年 4月23日(日)20時25分8秒
編集済
  出張先の裏山から道々食べながら採ってきました。
これから皮をむいて、サッと湯がいて冷水に浸し、明日炒めて食べます。
今日の歩数は、一緒に歩いた人によれば2万8千歩、良く歩きました。
 

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月23日(日)17時28分19秒
編集済
  私の場合は見学会に参加しての”野歩き”でした。それでも帰ってから
「今日は疲れたー」と言ってビールを飲むのですから鍛えが足りませんね。

東京の小平市に浴恩館公園と言うのがあって、「次郎物語」の作者、下村湖人が
館長として若者達を指導し、後期の次郎物語もここで書かれたそうです。
今は小平市の文化財センターになっていて当地の歴史を見学出来ます。

つつじと若葉の公園を後にして、桜並木が国の名勝に指定されている
http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/tokyo/koganei.htm
玉川上水沿いをしばらく歩いたのですが、肝心の桜はとっくに散っていて、
何で季節外れの時期に見学会なのかと、ブツブツ言いながら歩いていました。

それでも北側にある小金井公園に来ると開花時機の遅い八重桜が満開で、
やっと桜の花に出会えました。
ここには何度も来ているので見学はやめて桜の下でピールでも飲みたい気分でした。

コースは平らな場所ばかりでしたが、資料を見たり説明を聞いたりしながら
歩いていると、自分勝手に休憩出来ないので案外疲れるんですよね。 では。
 

RE:電源回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月23日(日)16時37分52秒
  ここまで簡単にすると何とか走るようになりました。 って言うか、ここまで簡単にしないと
Whole回路は走らないです。 でもこれで電源電圧の変動とか、電源のON/OFF時の挙動とかを
Sim上で再現出来るようになります。 上が簡単にした回路。 下は簡略化しない回路。 一番
下は、WholeでのSim回路です。
 

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月22日(土)22時26分54秒
  ボロボロになりました。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1111421.html
 

RE:電源回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月21日(金)15時42分53秒
  電源に合わせてアンプ本体もサブサーキット化。 あれこれで、弄ってる間に思いつきで回路
かなり変わって来てますね。 で、これで電源も合わせてのSimが出来る筈なんですが、収束し
ませんね。 微妙に条件変えてますが、途中で落ちます... 
 

RE:電源回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月20日(木)07時52分55秒
  >実機作って初めてスイッチ入れる時は心臓に悪るそ~~~~~~
まあ、そこはそのつもりで実験やるつもりですが、Simと一致するといいのですが..
Simは嘘はあまりつかないのですが、それはあくまでも正確なモデリングが前提なので
そこが不十分だと良くわからなくなります。 その意味でも、Simと実験結果の突合せは
大事ですね。

回路、少しUPDATEしました。 同時にサブサーキット化もしてます。
 

RE:電源回路

 投稿者:善本  投稿日:2017年 4月19日(水)11時55分1秒
編集済
  L2とL3巻線への戻り電流はL4~L7とD3を通って戻ってくるんですが、
私もこういう使い方した事ないので問題なのか解りません。
Simで巧く動いているなら大丈夫そうですが、
実機作って初めてスイッチ入れる時は心臓に悪るそ~~~~~~。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:電源回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月19日(水)10時39分22秒
  今回は、PMC-190 1個で全ての電源を賄えないか..であれこれ考えています。
その後、ちょっと問題が見つかり変更中です。 センタータップの位置は電圧かさ上げの
意図でここにしましたが、問題でしたかね。
電源回路はオーソドックスなものしかやってないので経験不足です。 だもんで、Simで
ありえないミスを確認してます。
 

RE:電源回路

 投稿者:善本  投稿日:2017年 4月19日(水)09時22分56秒
  複雑な電源ですね。
L1とL2が結ばれたセンタータップがD3のカソードに繋がっていますが
良いのでしょうか?

http://softone.a.la9.jp/

 

電源回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月18日(火)10時26分17秒
  今回は、シミュレーションしてみました。 電源電圧を変数化しているので電源変動の影響を
考慮出来ます。 ..と言っても、PMC-190そのものがなんちゃってモデルなんで、アタリを
付ける程度でしかないのですが、つまらない勘違いをある程度避けるかな..と。
ちなみにPMC-190のインダクタンスは巻線比は計算してますが、絶対値は適当。 ロード特性は
ぺるけさんが公表されていたデータに何となく合わせています。
どのみち、実験回路で定数は調整ですね。
 

10Y/VT25と801A/VT62

 投稿者:善本  投稿日:2017年 4月16日(日)08時29分32秒
  10Y/VT25と801A/VT62は同じものとして扱われます。
見た目も同じです。
しかし
10Y/VT25の最大プレート損失は12W
801A/VT62の最大プレート損失は20W
です。
見た目からは12Wは控えめすぎ、でも20Wはちょっと無理そうな感じです。
私は中間を取って16Wで使っています。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月15日(土)00時27分31秒
  勉強として是非おすすめするのは、
信号波形vsグリッド電流の相互関係を波形で把握することです。
このアンプはその様子が観察できる絶好の教材です。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:tak  投稿日:2017年 4月14日(金)21時37分2秒
  6N7のB級P.Pが惨敗のあと、使い途はないか考えていた時、6N6P全段差動のA2級バージョンの回路ならいけるのではと、拝借しました。
出来た回路は、皆様の指摘通り目の行き届かない気が付かない箇所ばかりでした。

現在は、ベース電流の影響が初段に少しでも少なくなるようにRLを8.2Kから7kに変更、気持ちだけです。また片側の6N7を外しB電圧の調整完了し片側だけでデータ取り、
そして2SC2240に銅箔の鉢巻きをしました。

これから、インピーダンスの測定(勉強)、データ取りなどに取り掛かります。
WSで波形は見えることも確認しました、電源部の波形はなるほどでした。

みなさま、ありがとうございました。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年 4月14日(金)13時07分3秒
編集済
  回路を良く見たら、私の回路がベースだったんですね。
元の回路の設計者として考えられることを書きます。
長文ですがよろしく。

まず全般的な歪みの多さですが、プラス領域では直線性が著しく損なわれるのでしょうがないことだと思います。Ep-Ip特性の見た目ほどには直線性は良くありませんし音も荒れます。グリッド電流は非線形な上にプラスになるほど極端に増加しますが、こういう種類の歪みでは負帰還はあまり効果がありません。私の過去の作例で、積極的にプラスに振るアンプが存在しないのも、A2級で作ったアンプをパワーダウン承知でA1級に変えたのも、同じ理由によるものです。

グリッド電流を流す動作では、前段に流す電流の多さは重要ではなくて前段のgmの高さがモノを言います。エミッタフォロワは真空管のカソードフォロワに比べると出力インピーダンスは圧倒的に低いですし、グリッド電流が流れてもそれを供給することができます。

>-側へ動いたとき、0.5mAの30kΩで15Vの振りしろがあり十分と思っていました。

そのとおりです。ただ、エミッタフォロワの出力インピーダンスは一定ではなく、コレクタ電流によってダイナミックに変化するので、この影響を減らすという意味で0.5mAをもう少し増やすのはわずかですが効果があるかもしれません。

私の回路では基本的にマイナス領域で動作させ、プラス領域での動作はないに等しく、プラスになってもグリッド電流は数mA程度なので2SC1815で足りました。しかしこのアンプは全く違います。このドライバのコレクタ~エミッタ間電圧は34V-16V=18Vですが、2SC2240の飽和(Vceが下がるとhFEが低下する現象)を考えると、プラス側の振りしろは18Vは無理、18Vのかなり手前でhFEがガクッと低下しそうな気がします。ドライブ能力に余裕を持たせるには、2SC2240よりも飽和特性が優れた2SC4408とか2SC2655とか2SC2422がいいですね。電源電圧も34Vよりも高く設定した方がいいでしょう。

しかし、プラス側一杯に振った時のグリッド電流のピーク値がちょっと気になります。ピーク値になった瞬間、その電流によって5.6kΩにおける電圧降下が大きくなって2SC3503のコレクタ電圧が瞬間的に下がって2SC3503が飽和し、初段の電源電圧の不規則な低下が生じるかもしれません。100μFが入れてありますがこの電流を支える力はありません。私の回路ではそこのところを精密に測定して回路定数を決めています。
電源回路の余裕をざっと計算すると、181V-34V=147Vですからこれを5.6kΩで割ると26mA。これが取り出せる電流の理論的限界値です。余裕をみて23mAどまりと考えて、前段の分を引いてグリッド電流にまわせる電流の上限は20mA以下になります。この部分に余裕を持たせるためには、各部品の発熱を考慮しつつ5.6kΩの値を小さくしなければなりません。

上記の私のコメントはいずれも最大出力付近に関係することで、小~中出力領域の歪みを改善する効果はありません。小~中出力領域の全般的な歪みの多さや、歪み特性が折れ曲がって増加する傾向は、まあそんなものだということではないでしょうか。

別の話題ですが、電源回路のコンデンサ手前の100Ωは電圧を下げる意味で効果的でおすすめする方式です。ここに入れると整流回路の導通角が大きくなるのでこれもいいことです。私は導通角増加ねらいでよくここに抵抗を入れます。取り出せる電流は、チョークインプットのようには多くなりません。ほんのわずか、誤差の範囲程度です。

 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:tak  投稿日:2017年 4月13日(木)19時21分14秒
  >信号とは違う変化をする電流に
揺すられるC2240が歪の少ない動作をするのだろうか

動作は見当がついても、この辺の結果の見当がつかないのですね、
おっしゃるとおり色々やってみます、
電源も負荷の軽重を確かめてみて、どうもまずいなが見えてきました。

また、よろしくお願いいたします。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月13日(木)18時20分14秒
  >下手な考え休むに似たり・・・

そんな難しい話ではなく普通に考えても、グリッド電流の変化が
信号電圧の変化とリニアには連動しないですよね。

マイナスに振り切った時には全く流れなくなり、プラスに振ると
急激に増えるのですから。そんな信号とは違う変化をする電流に
揺すられるC2240が歪の少ない動作をするのだろうか、と言う事です。

そして目の前に実機があって、さらに測定する環境があるのですから、
難しく考えるより色々やってみた方が最善手が分るのではないかと思うのです。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:tak  投稿日:2017年 4月13日(木)17時54分37秒
  めのさん、どうもありがとうございます。

皆さん、不肖の生徒(勝手に決めてます)は正解を頂いてしまいました。
しかし、到達はいつの事やらで又出て来ます。
よろしくお願いいたします。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月13日(木)11時21分28秒
  >6N7の入力インピーダンスは低い?
真空管はVgKを正領域で使うとグリッド電流が流れます。 この球はその領域を積極的に使おう
というものです。 フツーの球はVgkは負領域で使います。 この場合は殆ど電流は流れません。
この状態からすると、6N7のグリッドの入力インピーダンスは非常に低い事になります。
それ故、出力インピーダンスを低く出来るカソードフォロアでドライブ...と言う流れに
なります。 トランジスタを使った、エミッタフォロア、FETのソースフォロア、オペアンプ
でのボルテージフォロアと言う手もあるかもしれません。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:tak  投稿日:2017年 4月12日(水)20時18分36秒
編集済
  >エミッタ抵抗を3.3kΩにして、今一度歪率を測ってみて下さい

早速取りかかります、と言っても又忘れた頃にご報告します
どうも、ありがとうございました。
愚考するに、6N7の入力インピーダンスは低い?これも含めて色々やってみます、

「下手な考え休むに似たり」 麻雀で若い頃よく言われました。
 

Re: 同一巻線で半波整流とブリッジ整流の組み合わせ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月12日(水)19時00分31秒
編集済
  善本さん度々ありがとうございます。
致命的なところは無いようですので、後日実験で確認します。
 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:菊地  投稿日:2017年 4月12日(水)18時47分19秒
  歪率を測れる環境があるなら話は早いです。
エミッタ抵抗を3.3kΩにして、今一度歪率を測ってみて下さい。
改善が見られるか否か、試してみたら良いと思います。

それと波形についても1kHz程度の波形ならばWSで見られます。
最近使ってないので昔の記憶ですが、高い周波数は苦手なので
方形波は無理ですけど正弦波ならOKの筈です。
 

Re: 同一巻線で半波整流とブリッジ整流の組み合わせ

 投稿者:善本  投稿日:2017年 4月12日(水)12時01分3秒
  おんにょさん、
大丈夫だと思いますが、私のこういう使い方をした事がないので確実ではありません。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:6N7のプレート損失

 投稿者:tak  投稿日:2017年 4月12日(水)10時55分5秒
  その後、自作測定器を工作していて手間取っていました
以前の内容を読み返してみますと、「カソフォロ段の電流はもっと流すべき」とお二人から指摘がありました。
どうも判っていないものですからとんでもないことを言い出しますがお聞き下さい。

ベース電圧は前段で決まり振られます。
+側へ動くと、電流が増える方だから供給できる
-側へ動いたとき、0.5mAの30kΩで15Vの振りしろがあり十分と思っていました。
取れたデータはこの通りです。

・6N7のグリッドは、+4Vで1.9mA ×2流れています。
プレート電流もデータシートと良く合っています。
・2SC2240は何度も触っては見ますが余り熱くならないようです。
・波形はwsで見てみようと思いますが、無理かな?

普通の音が出て来ました、歪率グラフを見ると気持ちが萎えますが、
負帰還で音もかなり変わるためもう少し触ってみたいと思っています。
 

Re: 同一巻線で半波整流とブリッジ整流の組み合わせ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月11日(火)19時19分39秒
  善本さんありがとうございます。
100uFは耐圧をケチっただけなので、以下の回路でも構いません。
 

同一巻線で半波整流とブリッジ整流の組み合わせ

 投稿者:善本  投稿日:2017年 4月11日(火)18時52分9秒
  上側の100uFの-は260Vではなくグランドにつながないと複雑な動作をしそうな気がします。
グランドにつなげばAC250Vからの半波整流10mAの給電なんですが、
260Vにつなぐと、AC250VからもDC260Vへ給電して、何とも複雑な動作になりませんか?

http://softone.a.la9.jp/

 

同一巻線で半波整流とブリッジ整流の組み合わせ

 投稿者:おんにょ  投稿日:2017年 4月11日(火)18時36分24秒
  トランスの同一巻線から半波整流とブリッジ整流を組み合わせて2種類の電圧を
得るのは大丈夫でしょうか?私には問題はなさそうに思えるのですが。
 

Re:久々に

 投稿者:めの@大分  投稿日:2017年 4月11日(火)14時01分45秒
  >ブラウン管時代のTVの音声は貧弱でしたから、兼用にすると
なるほど、そういった文脈でのご発言でしたか...

我が家はしつこくブラウン管TVだった(壊れないので)のですが、昨年の帰郷でLCD
TVを持ち帰ったので、そちらは廃棄しました。 最近のTVはそれほど音は酷くないか
もしれません。 TVもPCもHDMI経由でAVアンプに通しているので、ある程度は
イコライズは出来るのですが、あんまりその必要も無い感じです。

PC経由で音楽を聴く祭のみPureモードにしてます。

先週まで就職準備や帰省してた子供等の関係で動けなかったんですが、今週末から山へ行け
そうな感じです。 まずは、リハビリですが..

アンプは果たして制作に進むのか?
 

レンタル掲示板
/146