teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ID交換(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


RE:サークルトロン、やってみたいですね

 投稿者:sava  投稿日:2018年 2月19日(月)00時58分32秒
  >2つのB電源巻線の間に静電シールドを入れて、これを接地する必要があります。
一般的な静電シールド付き絶縁トランス(100/110V、200/220V)ではどうなんでしょうね。
ステレオで4個必要になりますが、monotaro等で入手可能で、比較的安価です。

サークルトロンはOTLで考えてましたが、保護回路が複雑すぎて、まずは回路実験用にと
このようなトランスを以前ヤフオクで入手しました。
TOAのハイインピーダンス用で、一次二次を逆に使おうかと。
表記にずればありますが一応CT付きです。
 
 

サークルトロン回路

 投稿者:内田@群馬  投稿日:2018年 2月18日(日)23時55分46秒
  >マッキントッシュタイプが辿り着けない領域へ、サークロトロンなら行けるような気がしています。
私も同じ気がしているので、ASTR20のバイファイラ巻き線を並列接続にしてインピーダンスを下げてOPT付サークルトロンの実験したいと考えております。
 

RE:サークルトロン、やってみたいですね

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月18日(日)19時05分55秒
編集済
  今のところサークロトロンは適当なトランスがほとんど無いので、ごく限られたマニアのみが楽しむアンプとなっています。

>モノラル構成で、フローティング電源は1chあたり2個の+B用トランスを用いて完全分離すれば
>無問題。
2つのB電源巻線の間に静電シールドを入れて、これを接地する必要があります。
そうしないと電源ON後、出力管がアクティブになるまでの間、大きなハムノイズが発生すると思います。
市販の電源トランスには2個のB電源巻線を持つものは無いんじゃないかと思いますので、特注することに
なると思いますが、静電シールドを入れることにご留意ください。

>OPTはマッキントッシュ型よりも入手が容易だろうし。
適合する一次側インピーダンスがDEPPの1/4になりますので、案外見当たらないんです。
染谷電子のASTR-21がサークロトロン用に作ったものですので、スペックが合うようならばご検討ください。
 
 

毀誉褒貶な回路、サークルトロン、やってみたいですね

 投稿者:黄金のアンコール  投稿日:2018年 2月18日(日)11時08分31秒
  >マッキントッシュタイプが辿り着けない領域へ、サークロトロンなら行けるような気がしています。
私も、そんな気がします。今までこの回路があまり採用されなかったのは、1970年ごろまでエレ
クトロボイス社の特許が有効であった事や、電源部にコストが掛かりすぎたなどが原因だと考え
ます。回路的には極めて理想的なものだと思います。

モノラル構成で、フローティング電源は1chあたり2個の+B用トランスを用いて完全分離すれば
無問題。6KG6Aとか40KG6Aがたくさんあるから、こんなので制作できたら良いだろうなと妄想し
ています。OPTはマッキントッシュ型よりも入手が容易だろうし。

なんて、拙い知識と技術しか持たないのに、頭の中は妄想で一杯です。何でも実際に自分でやっ
てみなければ、サークルトロン回路が本当に毀誉褒貶かどうかはわからないです。

現行製品としても、サークルトロン・アンプは販売されています。作れない人はこちらをどうぞ。

UESUGI U-BROS120 KT-120PPアンプ(サークルトロン回路採用)
http://www.uesugilab.co.jp/pdf/Uesugi_ProductsInformation_UB120.pdf#search=%27U+BROS+120%27

でも、100万円払って製品買うよりも、自分で作る方が夢がありますよね。
 

RE:短絡保護

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月18日(日)09時18分52秒
  ASOリミッタやPCリミッタは出力段の限界付近に動作開始点を
設定しなければなりません。
それに対して短絡検出なら、より小さい動作電流値(例えば0.2Aとか)
で検出を行うことができ、より早い時点により安全な出力段保護が
可能になると考えています。
 

Re:20A

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月17日(土)20時08分51秒
編集済
  サークロトロンは、私は非常に良いと思います。
確かにフローティング電源の処理はてこずりましたが、4作目にしてやっと対処が出来ました。
対処出来ない人にとっては、結果の出せない難しいアンプという評価になるんだろうと思います。

マッキントッシュタイプが辿り着けない領域へ、サークロトロンなら行けるような気がしています。

なお、氏家さんのページ↓では
>これはシングル動作のカソード・フォロアーであり、
とありますが、これは明確な間違いです。

他のCSPPと同じく、プレートとカソードの両方から等分に出力を取り出している回路ですので、
P-K分割位相反転回路と同様に50%の帰還が掛かるのです。
 
 

毀誉褒貶  ですか?

 投稿者:ポール牧  投稿日:2018年 2月17日(土)19時01分5秒
  サークルトロンの見解

http://phase.main.jp/cir/

http://???

 

RE:短絡保護

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月17日(土)18時40分13秒
  本筋の話に戻りますが、半導体アンプの保護回路にヒューズとか電球とかでは
今のご時勢、何か前時代的な回路に思えてしまいます。

自家用ならともかく製品化も視野に入れて作るなら、ここはセンサーとか
PICとかを使った制御回路の方が、特に私のような半導体に疎い者にとっては
魅力的に映りますし、当然の事ながら、アンプの価値も数段上に思えてしまいますね。
 

Re:20A

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月17日(土)18時19分14秒
  特性は素晴らしいのかも知れませんが、そこまでやるのなら
「何故サークルトロンにしなかったのかな?」と思ってしまいます。

電源が上下左右四つの独立フローティング電源が必要になりますが、
これだけの規模でやるのなら大して変らないと思いますし、
20Aも上側のSG電源は独立フローティング電源を設けていたと思います。
(記憶なので自信無し・・)

そして下側だけ局地的にNFを掛けて、下側の利得も「1」にしていますが、
サークルトロンなら動作はCSPPですから上下とも利得は「2弱」で綺麗に揃います。
それもブートストラップとか局地的NFとかの小細工は必要ありません。

もっともCSPPの場合も、出力電圧の分だけ余計なドライブ電圧が必要になりますが、
OTLならば8Ωに対する出力電圧なので、嵩上げ分も大した電圧にはなりません。

余談ですが、金田先生の完全対称アンプは安田先生を始め他の先生からも異論が出て
結局のところ「完全」の呼称を外す事になりましたが、サークルトロンなら
異論を挟む余地がない「完全対称アンプ」になったのに・・・と思うのです。

・・・当時はエレクトロボイスの特許が生きていたのかも知れませんが、
今なら切れている筈ですよね。でも、今更真空管アンプでは作れないでしょうね。
 

20A

 投稿者:ポール牧  投稿日:2018年 2月16日(金)18時37分51秒
編集済
  >だからOTLアンプももっと高帰還で仕上げれば良いと思っています。

テク二クス20Aは負帰還30dBでした、
ポール配置はこの時代ですから致し方ございません、
石井伸一郎氏の傑作であります。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/670514.html

ブートストラップは有名なテク二クス形、
発案者は当時石井伸一郎氏の部下であった小林氏。

http://???

 

RE:短絡保護

 投稿者:ニャ  投稿日:2018年 2月16日(金)08時29分3秒
  >そうですね。アマチュアが作る場合は自宅での使用環境も考えますから
あまり大規模には出来なくて、最適負荷50Ωくらいのを無理やり8Ω
で使うのですから

負荷条件はメーカーも同じですな。でも歪み率など特性が見窄らしい。
折角、出力トランスが無くなって低域、高域周波数でも高帰還が掛けら
れる様に成ったのに惜しいですな。

最近の帰還技術を使えば出力トランス付きでも30dB前後の負帰還が安
定に掛けられます。尤も古典的なフィードバック理論では一寸無理です
けどね。
だからOTLアンプももっと高帰還で仕上げれば良いと思っています。

 

RE:短絡保護

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月16日(金)00時53分51秒
  おっと、こちらがありましたか。これはちょうど8Ωが最適負荷なんですね。

しかし16本の出力管が林立している様は壮観で、色々工夫されていますが、
それでも満足な性能を得る為には、これくらいの数は必要なんでしょうね。
 

RE:短絡保護

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月15日(木)21時43分9秒
  >ARITOさんが作った超低電圧動作のOTLで
>これは最適負荷が低かったです。

ずれた話を重ねてすみません! 私が作ったOTLで最適負荷が一番低かったのはこれ↓です。

http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/6C19SINGLE/6C19PsingleOTL.pdf

失礼しました!
 
 

RE:短絡保護

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月15日(木)18時00分32秒
  >自動車電球

車用バッテリーの充電器でも活躍してます。
ただ新車は大体LEDになるようで、今後は入手難になるかも。

>アマチュア製OTLアンプの特性を性能的に見ると
>OTLアンプの性能に優位性は感じられませんが

そうですね。アマチュアが作る場合は自宅での使用環境も考えますから
あまり大規模には出来なくて、最適負荷50Ωくらいのを無理やり8Ωで使うのですから。

例外は、アマチュアではないですがARITOさんが作った超低電圧動作のOTLで
これは最適負荷が低かったです。
http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/petitOTL/6C19P_petitOTL.pdf

話がずれてしまい、ご容赦です。
 

Trアンプ

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月15日(木)12時55分11秒
  マランツ15を使っていた事があります。
当時のTrアンプの中では群を抜く高音質でした。
マランツ15の保護回路は自動車電球だったとうろ覚えしてます。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:短絡保護

 投稿者:ニャ  投稿日:2018年 2月15日(木)10時18分12秒
編集済
  >ハイエンドの世界とは無縁の

マランツにしろジムランにしろ高級アンプの方がトランスレスに趨って
いた様に思います。之もトランスの性能限界でアンプ本来の特性をスポ
イルされる事を嫌ったからだと思います。
 

RE:短絡保護

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月15日(木)09時54分43秒
  確か即断フューズだとuSオーダーで応答したように記憶しています。 繰り
返し使えるポリスイッチってのもありますが、こちらは0.1~数秒の応答で、
しかも導通抵抗が思いのほか大きいので微妙な気がします。

>昭和30年後期時代のソリッドステートは普通にトランス結合でしたよ。
昭和30年前半生まれの私がオーディオ(?)に多少なりとも興味を持った中
学生の頃は既にトランス結合では無かった記憶があります。 ハイエンドの世
界とは無縁の田舎のガキだったので何とも言えないのですが..
 

RE:短絡保護

 投稿者:ニャ  投稿日:2018年 2月15日(木)08時41分3秒
編集済
  >又ヒューズは反応速度が遅く不適切だと感じます。

こういう用途に使う為速断ヒューズと云うのが販売されています。
速断特性で扱う速断性ランクが有った様に思いましたが、最近は此の
様な用途では電子回路で処理しますので余り見る事も無いので知ら
なくてもしかたないですな。

同様にスローブローヒューズの様にヒューズが切れるまでに遅延時間
特性を持たせた物や対ラッシュヒューズ等が有ります。
 

RE:短絡保護

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月15日(木)08時29分7秒
編集済
  1Aとかのヒューズだと50W出力のアンプだと定格出力で飛んでしまいませんか?
定格出力でも飛ばないヒューズとなると、かなり大きなアンペア値になって
保護を甘くせざる得ない気がします。
又ヒューズは反応速度が遅く不適切だと感じます。
出力Trが飛ぶのが速いか、ヒューズが飛ぶのが速いかでは保護回路として
頼りにならない感じがします。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:短絡保護

 投稿者:ニャ  投稿日:2018年 2月15日(木)05時42分22秒
編集済
  やっと話の解りそうな人が出て来ましたね。
ヒューズの抵抗が気に成る様で有ればNFBループ内にヒューズを入れれば宜しいな。
之は40年近く前に私どもが特許出願して居ります。遙か昔に切れていますがな。

他にもメーカー製のアンプには色んなASOリミッタ、PCリミッタ回路が搭載されて
居ました。調べられると良いでしょう。

ついでに
>入出力トランス結合の半導体アンプなんてのも特徴があって面白いように思うの
ですが、やはり価格なんでしょうね。

昭和30年後期時代のソリッドステートは普通にトランス結合でしたよ。
結局使われなくなったのはトランスの性能が見窄らしかった(今もそうですが)か
らです。

真空管OTLアンプも出発点ではトランスでアンプの特性に制限を受けるのを厭がっ
たからでなかったかと思います。
最近のアマチュア製OTLアンプの特性を性能的に見るとOTLアンプの性能に優位性は
感じられませんがテクニクスの20A、MQ36等の特性を調べられるとよろしい。
OTLアンプの見本の様な特性です。(後、武末氏の6C33COTLアンプも素晴ら
しい。)唯この20Aは発熱の為電取り承認が受けられなかったとMQ36設計者だっ
た上司のFさんから聞いています。この件で松下の坂本N氏と喧嘩したと仰ってまし
たな。



 

短絡保護

 投稿者:なんぱく  投稿日:2018年 2月14日(水)19時13分15秒
  素人的な案ですが・・・ヒューズで
自分は通常そんな大音量で聞かないかないので
0.5Aか1Aもいれておけば充分SPユニットの保護はできる?。
なんのために電源インピーダンス下げたんだよっていわれますね。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月14日(水)18時41分50秒
  アンプの定格からすると5Hzで100Wを通すトランスが必要です。
5Hzで100Wは50Hzなら10KWですから、大きなトランスになります。
そんな大きなトランスで100KHzも通すとなると驚異の技術力かもです。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月14日(水)17時59分14秒
  >何しろ価格が高い。ペア680万円(税抜)なんだそうです。

すごい値段ですね、でも8Ωで1:1のトランスなら、
またケースも要らないのだから、丁寧に巻いても5万円くらいで出来るのでは?

さらに写真で見ると前面パネルの装飾もあっさりして高級感がないし、
はたして売れるのだろうかと余計な心配をしてしまいますね。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:黄金のアンコール  投稿日:2018年 2月14日(水)09時09分46秒
  マッキントッシュ以外で、出力トランスを積んだパワーアンプでは、こんなのがあります。

ヴィオラ レガシー
http://www.zephyrn.com/viola/page/legacy.html

試聴はさせてもらいましたが、濃厚な音質なのに、空気感や音場情報がちゃんと出る凄いクオリティでした。ですが、何しろ価格が高い。ペア680万円(税抜)なんだそうです。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月14日(水)08時58分33秒
  菊池さんが書いていますが、入出力トランス結合の半導体アンプなんてのも特徴が
あって面白いように思うのですが、やはり価格なんでしょうね。
 

Re:山

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月14日(水)08時45分42秒
  牧ノ戸峠は標高が1330mもあって鶴見岳山頂とあまり変わりません。 です
ので、冬季のこの状態は仕方ないかな..と。 その分、1700m峰への登頂
は楽なので人気登山口なんですが.. ちなみにここの道は舗装された立派な道
路なので転落は無いです。 止まれないと、ガードレールか対向車とキッスにな
ります。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月14日(水)08時36分25秒
編集済
  >ビンテージユニットを愛用している者にとって、これは一番怖い事です。

はい、ビンテージ品は代替が利かないです。

短絡を検出できても、その後の処理も結構難題なんです。
リレーで負荷切り離しでは反応時間が遅すぎて駄目かもしれません、
出力Trをカットオフさせるのも、
出力Trだけカットオフしたのでは、今度はドライバー段が過負荷になったりと
全段直結SEPPのTrアンプでは色々と面倒です。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月13日(火)19時08分9秒
  >出力段が故障してスピーカを道連れ

ビンテージユニットを愛用している者にとって、これは一番怖い事です。
大昔のアルテックのアンプは、半導体式SEPPだったのに
真空管アンプのようにOPTを載せていました。
あれなら安心なんですが、コストが・・

>山

牧ノ戸峠付近の地図を見たら、近くに「森林公園スキー場」なんていうのが
出ていたので、この辺りは普段から雪の降る所みたいです。
なので冬期でも行くつもりならチェーンを積んでおいた方が良さそうですね。
帰る頃になって雪だったら、峠から下りられなくなってしまいますから。
山道で止まれないと、そのまま谷へ一直線です。

私も若い頃、砂利道にタイヤをとられて危うく落ちそうになった事があります。
昔の車はABSなんて装備されてないのでロックさせてしまい、後ろ前半回転でした。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月13日(火)09時54分7秒
  Trのパワーアンプの場合、自分用にしろ売り物にしろ、
出力段が故障してスピーカを道連れが一番被害甚大ですから。
ある程度以上の出力のアンプでは保護回路を付けたくなります。

http://softone.a.la9.jp/

 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月13日(火)08時41分12秒
  釈迦に説法ですが、売り物の場合はスマートさよりもコストだとかフェイルセー
フとかの方が優先ですよね。 理想はこんな簡単な仕掛けなのに確実に保護して
くれる..なんですが、簡単には思いつかない?
気になるのは、抵抗性負荷では無くて誘導性や容量性負荷の場合の挙動です。
気にするレベルかどうかは?ですが、売り物の場合はいろんな負荷に接続され
るので、誤動作がメンドクサイですね。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月12日(月)14時50分51秒
編集済
  思考中の回路はあるのですが、スマートではありません。
思考中の回路例では、負荷が1.5Ω以下になると短絡と検出します。

負荷が2Ωと0Ωの時、負荷に流れる電流が0.2Aとすると、
負荷2Ωの時COMP1の入力は+側0.375V、-側0.4Vでコンパレータ出力はL
負荷0Ωの時COMP1の入力は+側0.075V、-側0Vでコンパレータ出力はH
負荷0Ωだとコンパレータ出力がHになり短絡を検出します。
この回路はAB級SEPPのNPN側だけしでしか正常に働かないので、
アンプの入力信号と一定値の+電圧をCOMP2で比較して、正常に検出できる
範囲を設定しています。
一瞬でも短絡が検出されると、電源ON時にクリアされていた7474がセットされ
短絡信号が維持されます。

やはり、PICのAD変換で状態を検出して全てソフト処理がスマートですよね。

http://softone.a.la9.jp/

 

 投稿者:めの@大分 今日も仕事  投稿日:2018年 2月12日(月)11時52分40秒
  今日出てるって事は、今週も山には登れないって事で、仕事の状況的には来週
も無理っぽい。 血圧の事とか考えると寒い中登っていいのか?等もあるんだ
けどちょっと悶々。 九重の登山口の牧ノ戸峠の登山口のライブ映像。 駐車
場一杯。 皆さん好きだなぁ。 行きたくても、スタッドレスもチェーンも無
いのでここは無理なんですが。 主治医談だと血圧の薬投薬始めても1~2週
間で目に見えて下がるものでは無いらしい。 でも、毎日の測定値をグラフで
見てみると高いなりに落ち着いて来た感じです。(以前は結構乱高下状態)
山は3月から再開かな。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:めの@大分 今日も仕事  投稿日:2018年 2月12日(月)09時39分19秒
  電圧値と電流値を各々モニタして、AD633の様なアナログ演算ICにぶち込めば負荷
インピーダンスを常時モニタ出来そうな気がしますが... そうか、善本さん
のアンプは確かPICで異常検知をやっているので、そこを細工すれば出来そうな
気がします。 簡単に言ってますが、やり始めると色々大変なのでしょうね。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月11日(日)19時32分26秒
  >負荷の短絡を小電流の状態で検出する手段はないか悩んでいます。
出力電流だけでなく、出力電圧も一緒に検知すれば、負荷のインピーダンスが算出可能です。

最初にスピーカーラインのインピーダンスを測定して、そのインピーダンスが倍以上、半分以下になれば
故障として検出するというシステムの開発に携わったことがあります。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月11日(日)18時41分4秒
  現在出力Trのエミッタ抵抗器両端電圧による電流検出型保護回路にて
設計しているのですが、電流検出のみでは、その電流が正常負荷に対する
大出力によって生じた電流か、負荷短絡によって生じた電流かの区別ができず、
保護開始の電流値を大きな値としなければなりません。
電流を検出するのではなく、負荷の短絡を小電流の状態で検出する手段はないか悩んでいます。
 

Re:801A負荷中点接地シングル

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月11日(日)18時25分47秒
  トランスのコアは反射で白っぽく見えましたが、
やはり塗装していたのですね。失礼しました。

一方で鈴蘭堂のシャーシは私も使った事があります。
かなり前に廃業して今はタカチが引き継いでいるとは知りませんでした。
 

RE:負荷短絡時保護回路

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月11日(日)10時41分38秒
  電流センサーを出力部に入れて、スレッシュを超えたら信号を切る、制限する等の保護回路を
業務用アンプでは入れています。
1Tだけの電流検知トランスとかだと絶縁も可能です。

http://cds.linear.com/docs/jp/application-note/jan105.pdf
 
 

負荷短絡時保護回路

 投稿者:善本  投稿日:2018年 2月11日(日)09時12分19秒
  完全差動型パワーアンプを構想していて、現在の難題は負荷短絡時の保護です。
50W程度の出力のパワーアンプとして仕上げるつもりですが、
この大きさのSEPP出力段となると負荷が短絡していると出力Trが破損します。
何らかの保護回路が必要なのですが、雑誌記事とかでも良い例が見つかりません。
電流制限回路の例はあるのですが、電流制限では大きな制限電流で流れ続け破損しそうです。
大電流域での制限ではなく、もっと小出力の状態で短絡を検知して保護したいのですが
良い回路例をご存知ないでしょうか?
 

Re:801A負荷中点接地シングル

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月11日(日)08時40分44秒
  菊地さん、いつもレスありがとうございます。

>オーディオ専科でしょうか?
これはタカチの鈴蘭堂SLシリーズ(SRDSL-7HS)です。
結構高いケースですが、収まりが良かったので採用しました。

>それでもコアを塗装して黒に統一したらと思ったりして、
これでも一応コアの端面は黒塗装をしております。これをしないと、数年後には赤さびが見えてしまいますので。
 
 

Re:801A負荷中点接地シングル

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月10日(土)23時21分19秒
編集済
  そのシャーシは高そうですね、オーディオ専科でしょうか?
精悍な雰囲気の中にもすっきりと纏まって、格好良いと思います。
ブロックコンの高さまで揃えているところが憎いですね。

また目が慣れて来たのか裸の電源トランスも気にならなくなってきました。
それでもコアを塗装して黒に統一したらと思ったりして、
トリタン球の輝きを引き立たせる為にも余計な光沢は無い方が良いと思うので・・
 

801A負荷中点接地シングル

 投稿者:ARITO@伊吹南麓  投稿日:2018年 2月10日(土)17時31分20秒
  3/18のトリタン球試聴会へ向けて、順調に進んでいます。
本日、シャーシ加工が終わったので、部品を取り付けてみました!
 
 

Re:ガリオームで

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月 8日(木)18時25分1秒
  ガリオームをバラしてブラシの位置を変えるのは私もよくやります。
さらに二連の偏差を調整する時もブラシの位置を変えます。

ただし、なんぱくさんも指摘しているように爪が折れやすいので
この方法が可能なのは、やはり一回限りですね。二回目以降は針金で縛るかな?

それと銀メッキの還元方はこんな方法もあるようです。
http://www.noritakeshop.jp/knowledge-silverdiscoloration.html

ガリオームになったくらいで捨てては勿体無い勿体無い!
 

Re: ガリオームで

 投稿者:おんにょ  投稿日:2018年 2月 8日(木)17時53分15秒
編集済
  パーツが外せればシルバークリーナーが使えます。
http://65124258.at.webry.info/201604/article_1.html
どのくらい保つかわからないので、もし試される場合は自己責任で!
コンパクトロンソケットは6T9 CSPPアンプに使いましたがとりあえず大丈夫のようです。
 

ガリオームで

 投稿者:なんぱく  投稿日:2018年 2月 8日(木)16時58分54秒
  実家においてあったLUXのA3032,ボリュームがガリガリになって
どうするかと考えてましたが、4連VRをはずして、分解。
アルプスの250k4連Aは見つけきれず・・・。

2連をバラして組みなおす記事みつけたんで、まずは分解しとけと。
見ると 抵抗部分のハガレはないみたい。
でセンターのブラシがあたる リング状の銀メッキが変色してる。
ダメ元でメッキをカッターでわずかにけずる。
4個やってたら 1個 力を入れすぎて メッキに穴をあけたのでブラシの当たる位置を
ずらしてごまかす。
とりあえず組んだら、なんと まぁ 復旧です。
抵抗体がすり減ってる場合も ブラシをわずかにずらして
ガリった抵抗体にあたらないようにすれば復旧するときあります。

ご参考まで・・・。

ちなみに ばらすとき軸をカシメる爪が割れるんで
また壊れるかわからんですが
(そのときは似たようなワッシャを瞬間接着剤とかで固定すりゃすむかなと)

うまいこと銀メッキの硫化をとる方法をご存知の方いらっしゃると幸いです。
 

Re:寒い日が続いていますが

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月 8日(木)11時48分6秒
  ジムニーは軽にしては、大径タイヤを履いていますし4WDモードを選べます。
また、4WDモードにエクストラローみたいなものが有って、低速トルクも稼
げるので、ドライバーの腕次第でデキちゃったりするのかな..と思います。
私も大昔、ジムニーに乗っていた時期がありましたが、運転下手なので恰好だけ
クロカン車でした。 奥さんには極めて不評な車でした。 
 

Re:寒い日が続いていますが

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月 8日(木)00時07分23秒
  これはすごいですね、いくらマニュアル車でも本当かなぁ?

まずトラックはノーマルタイヤで立ち往生でしていたのかも、
そしてジムニーの後部に(たまたま?)重たい荷物を積んでいたのでしょう。

以前のオフ会の時も、私の車は定員一杯の人を乗せていたので
雪の急坂を上って行けましたが、私一人だったら後輪が空転していたと思います。
あと、本当のぶかぶか雪だったら四駆もスタットレスも無力でチェーンでしか走れませんね。
 

Re:寒い日が続いていますが

 投稿者:めの@大分  投稿日:2018年 2月 7日(水)20時26分38秒
  まだ帰れない。

こんな映像があります。
https://www.youtube.com/watch?v=gcSj6BzcibE
 

Re:寒い日が続いていますが

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月 7日(水)19時04分25秒
  もう梅の便りが届く季節なんですね。
私も近所の天神様に行って見ようと思います。

でも今日のニュースは福井の国道8号で1000台以上の車が
雪に埋もれて立ち往生していて、復旧の目途が立たないと伝えています。

私も車に乗るので人事ではなく、最初にスタックした車を引っ張ればと思ったりします。
もちろん大型トラックでは簡単な話ではないと思いますが、
それでも、私が以前に乗っていた小型の四駆で小型トラックを引っ張った事があり、
その当時は牽引ロープとバッテリーコードは常に載せていたので、
何台かで引っ張れば出来ない事ではないと思うのですがね。
 

Re: 寒い日が続いていますが

 投稿者:おんにょ  投稿日:2018年 2月 6日(火)20時28分25秒
編集済
  昨年の画像ですが千葉県南房総最南端は白浜町のお花畑です。
画像下は先日近所の公園で撮った梅です。
後日亀戸天神へ行こうと思います。黄梅^H^H蝋梅まだ咲いているかなあ?
 

Re:寒い日が続いていますが

 投稿者:菊地  投稿日:2018年 2月 6日(火)11時54分4秒
  こう寒い日が続くと、風雪の景色は見飽きていると思うので
穏やかな早春の絵でもご覧下さい。

半月ほど前に、史跡巡りで千葉の南房総をウロウロしたのですが、
丘陵地の田舎道を走っていたら所々に水仙のお花畑があり、
しゃがみ込むと良い香りがしました。まさに「早春の香り」でした。

それにしても、ここは観光地でもなく地元の人しか通らない道なのに、
半野生化した株を集めて植え直したのでしょうか。
ここに来る途中でもあちこちで水仙の群落が見られました。

なおUMEさんの板にも貼りましたので、よろしかったらご覧下さい。
http://amp.umetech.com/umetech/joyful.cgi?
 

レンタル掲示板
/161