teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 投稿初ですが(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


絶景百名山『月山、朝日岳」

 投稿者:石川  投稿日:2015年 5月12日(火)08時53分21秒
  BSフジ(8チャンネル)絶景百名山で月山が放送されます。
5月16日土曜日午後4時~6時
月山志津から肘折温泉に抜ける日本屈指のロングルートの紹介です。
西川山岳会の佐藤がガイドに、サポーターガイドに山中、和田が出演します。
今回は2時間スペシャルで、去年秋に放送された朝日岳(ガイド遠藤)も同時に放送されます。
是非ご覧ください!

 
 

GW登山情報

 投稿者:自然公園管理員志田菊宏  投稿日:2015年 4月27日(月)09時16分1秒
  管理人常駐変更について
狐穴小屋管理人は、1日からの予定に変更になりました!

以東小屋は、先般の県の会議にて今年早々に取り壊し、今後は環境省にて新しく建てる方向であるとのことでした。
詳細は、わかり次第お伝えいたします。
 

GW登山情報

 投稿者:自然公園管理員志田菊宏  投稿日:2015年 4月24日(金)13時26分16秒
  除雪関係
天狗方面は、大井沢川不動橋工事も終わり、現在第一ダムまで除雪中。駐車場は限りがありますので、他の車に支障の無いように駐車願います!又雪崩の恐れもあり、スコップは車に必携です!
日暮沢方面は、根子から徒歩になります。工事中の為、迂回路を通行になります。
管理人関係
竜門は30日から、狐穴は29日から、天狗は2日から入り6日までの予定で管理します!
 

事務局佐藤

 投稿者:GW山小屋情報Ⅱ  投稿日:2015年 4月24日(金)08時14分47秒
  GWの山小屋管理人の常駐日程は5月の誤りです。なお、天狗方面は橋も復旧し、ダム付近まで入れるそうです。  

GW山小屋情報

 投稿者:事務局佐藤  投稿日:2015年 4月23日(木)22時39分11秒
  GWの朝日連峰には、次のとおり会員が小屋番として常駐します。皆さん、ぜひ遊びに行って下さい。
竜門小屋(遠藤)、狐穴小屋(安達)は4月1日~4月6日まで。天狗小屋(石川)は4月2日から6日まで。
 

ネパール

 投稿者:遠藤博隆  投稿日:2015年 4月15日(水)16時39分23秒
  4/14 ネパールから帰ってきました。
今回は私を入れて7名がエベレスト街道のカラパタールで高所順応をし、
その後ロブチェ・イースト(6119m)に登ってきました。
登っているときは天気も良くエベレストを始めヒマラヤの高峰が360度の大パノラマでした。
詳しくは後日報告します。
 

ラストマタギ

 投稿者:高原由美子  投稿日:2015年 3月11日(水)20時47分57秒
  石澤さん、ありがとうございます。さっそく明日八文字や行って聞いてみます。  

ラストマタギ

 投稿者:石澤利明  投稿日:2015年 3月10日(火)21時45分25秒
  高原さん。先週酒田の八文字屋に注文した所3日で届きましたよ。八文字屋は内陸にもありますか?一度当たって見ては如何でしょうか。  

ラストマタギの本

 投稿者:高原由美子  投稿日:2015年 3月10日(火)21時37分41秒
  宮脇書店で探してもらったら、ラストマタギは売り切れで、今のところ増版の予定分らず!でした。
どなたか譲ってくれる方いらっしゃいませんか。お願いします。
 

ラスト・マタギ

 投稿者:遠藤  投稿日:2015年 2月13日(金)08時34分31秒
  角川書店から志田忠儀さんの新しい本ができました。
「ラスト・マタギ」です。
以下に本の宣伝文を転記します。


1916年山形県生まれのマタギが、90歳を過ぎてから周囲に勧められて書き始めた原稿を、整理・編集して一冊にまとめられた本である。
本書を読みながら、腕のいいライターに任せれば、もっと細かく掘り下げて聞き出し、さらにドラマティックで万人受けする面白い本にまとめることができたかもしれない、と思った。慎重に読むと、小説やドラマにできそうなエピソードがいくつも見つかるからだ。しかし、この本の魅力は、「子どもの頃から勉強が嫌で山にばかり逃げこんでいたので、書くのは大の苦手である」という著者が、高齢をおして自ら書いた原稿を編集したものであるという点にある。すっかりヤワになった現代のわれわれとは大きく異なる、自然と共に生きてきたマタギの歩みが記されている。この国の民族文化史の資料として残すべき価値のある貴重な記録であると思う。
 

レンタル掲示板
/46