teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/613 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

改訂版

 投稿者:てって博士  投稿日:2016年 9月22日(木)01時54分32秒
  通報
  コミックボンボンのイラストを一緒に見ながら、話し合えたらよかったのに。
新旧ミクロマンがつながっているということが目で見てわかります。
悔しいですが、著作物ですので誌面を公開することはできません。
しかし、少しだけ説明を。
ミクロアースとアクロ星人との戦闘のイラストには、新旧両方のタイプが登場します。
23人描かれたミクロマンには、強化スーツ1、レスキューガンを持ったケンジ、M251の肩とM281の腹を持ったミクロマン、ステッキを持ったM131型、M141型、ジョン型、ジェシー型、反動力ジャンパーのないオルガ型、M111型、M151型、M161型、M231型、M251型、M261型などが確認できます。
旧作品には見られない顔ばかりなので、世代交代したものと考えられます。
一方アクロ星人には、アクロイヤー、アクロイヤー2、総統、アーデン、アクロレッド、アクロサタン、デビル元帥がいます。
旧アクロイヤー軍団が混ざっているあたり、αH7によって老化しなくなったか、
ワームホールを通ってきたのではないかなどと想像しています。
このイラストは、ミクロアースの歴史を語るうえで、非常に大事な資料です。
電子書籍で改訂版なんて聞いたことはありませんが、グッドラック地球のイラストは
後からでも追加してほしい資料です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/613 《前のページ | 次のページ》
/613