teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/628 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

プリンセスストリートの記憶

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 3月10日(金)23時53分47秒
  通報
  ミクロマンを扱うサイトで実際に活動している所も少なくなりました。
リンク集に紹介しているホームページでも、最近急に閉鎖してしまったところがたくさんあります。
Princess Streetは、閉鎖してかなりたった部類のサイトですが、今思っても貴重な情報が満載で、閉鎖が惜しまれます。
10年前に「リンク集」に載せていたときの紹介文はこうです。
「ネオ変身サイボーグやミクロマンの見事な画像が多数あります。復刻版を網羅しており、限定品には詳しい解説つきです。」
ミクロマンや変身サイボーグのストーリーを掲載するときは、句読点も含め一字一句元のカタログに忠実で、漢字か平仮名かも完全にカタログにきちんと準拠していました。
使用画像は有料の二次使用フリーの素材を使ったり、版権元に許諾を取ったりするなど、
私の今日のサイト管理者としての手本を示してくれたのがprincess st.でした。
また、復刻版ミクロマンは様々な方法で販売され、限定品も多数ありましたが、
全て正確に記述しており、princess st.を見ればどんなアイテムでもどんな経緯で誕生したのかすぐにわかったのでとても便利でした。
そして画期的だったのは、ゴールデンエイジのストーリーの続きを考案していた点です。
うろ覚えですが、金色の光に包まれたエイジは、ある拳法の使い手としての能力に目覚め、あっという間にアクロ軍団をやっつけてしまったというのです。
何かのパロディか冗談のような展開で、省略が多すぎて到底受け入れることは出来なかったのですが、曲がりなりにもゴールデンエイジの謎に答えを出していたのはprincess st.だけでした。
私の今の構想も、見方によってはその解釈を継承していると言えなくもありません。
princess streetは、M111と改名して短期間だけ存在した後、平成23年頃までにはweb上から完全に姿を消してしまいました。
管理人は若い頃にサイトを作って書いた文章などを読んで、照れくさくなったということもおっしゃっていましたが、その何倍も恥知らずでいる私などはどうしたらいいのでしょう。
もし見ていたら、励ましの言葉でもかけてくれないものでしょうか。

http://princess.st/

 
 
》記事一覧表示

新着順:16/628 《前のページ | 次のページ》
/628