teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


よろしくお願いします。

 投稿者:MC-7  投稿日:2016年 1月 5日(火)00時12分14秒
  昨年は、創作活動がんばりましたね。
また、カラバリ紹介は非常にありがたい物でした。
今年も意欲的なものばかりで頭が下がります。
今年もがんばりましょう。

して、ミクロマンコマンド2号の赤黒ですが、カタログを見直してみました。
「エリックと同じ赤でなくてはいけません」とありますが
微妙ですね。他のキャラの色味とも比較して見返しましたが
エリックほどの明るい赤ではないと思われますね。(試作のカラーはみんな艶消しで暗い)
しかし、販売されたサンダーよりも、赤みが強いのも確かですね。
要検討ですね。
それよりも私的にはシェリフとサラム青黒の青みが一緒なのには驚きました。
うちにもあるんですが確認してみました。
気付かないものですね。ありがとうございました。
 
 

迎春 平成28年

 投稿者:てって博士  投稿日:2016年 1月 1日(金)20時59分48秒
  昨年は、アルデバランヘキサグラムの画像、ツタンカーメンの物語を完成させることができ、
生みの苦しみを解消しました。
その間にやりたいことがたくさん湧きました。
・ミクロマンコマンドのページに個人プロフィールと画像をアップ、解説ページを設置
・タワー基地大研究
・ニューミクロマンのバリエーションを写真で紹介
以上については既に準備に入っています。
また、前からやりたかったことですが
・未確認商品の続編
・未発売キットマシーンのキット化
・ドリル戦車のペーパークラフト化
・ミクロアース物語ミッシングリンクの探求
といったことにもとりかかりたいです。
応援よろしくお願いします。
 

黒橙サラム

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月29日(火)02時23分38秒
  黒/橙のサラムとM133ダニーを比べてみました。
橙部分はサラムの方がわずかに明るいですが、同じと言ってもいいくらい近いです。
ダニーの再現を目指して配色されたものではないかと思います。
サラムのこれらのカラーバリエーションはでたらめに作られたわけではなく、
歴代のミクロマンを踏襲した伝統的な色だったわけです。
ブレストのクリヤーグリーンにしても、一見すると不規則な配色にも感じられますが、
ミクロマンコマンド2号で人気のあったM163スミスなどの色です。
スミスにこのブレストを取り付けることができたらもっと馴染みそうな気がします。
改めてこのサラムを見ると結構きれいではないでしょうか。
ニューミクロマンで蓄光素材は使わないことになっています(初期の流用品を除く)が、
その代わりにクリヤー素材を透過した光がメッキ部品に反射して見え、とても美しいです。
サラムの腰と脛の橙色は朱色と言ってもよく、
008クレオやM251ロビンの橙よりずっと赤っぽいです。
しかしバーンズのカプセルの朱よりは明るく、新しい色名を当てる必要がありそうです。
 

青黒サラム

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月29日(火)01時49分17秒
  青/黒のサラムとM161シェリフ(復刻版)を比べてみました。
全く同じ青です。
なお、コズミックファイターの青/黒クレオとも比べてみました。
同じ青だと言ってもいいですが、クレオの青の方が方がわずかに明るかったです。
 

赤黒サラム

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月27日(日)15時44分8秒
  入手の難易度は、ほぼご想像通りです。
ミクロマンの赤色は、青色と違ってあまり変化がないと思います。
赤黒サラムはカタログ写真でよく見ますが、実は塗装です。
肩の部品まで赤くなっています。
ですから簡単に自作することもできます。
また、この色のコマンド2号がコマンド部隊結成の場面に出てきます。
ミクロアース物語ではサンダーを使っていますが、
本当は2人隣りのエリックと同じ赤でなくてはいけません。
MC-7さんの所の「タイプM-161」のページに加えられるといいでしょう。
 

おお!

 投稿者:MC-7  投稿日:2015年12月27日(日)14時50分47秒
  この、サラム、オルガは持っていないので
色味がわかりませんでしたが、エイジと同じだったか!そうか~!
一枚に収めていただくと、色味の違いが把握でき非常にありがたいですね。
そして、一緒に写る事がないメンバー達が写っているのがまた、嬉しいですね。

ところで、このオルガ。高価だったでしょうね。
この、青ブレストがいい。単品でいいから、手に入れたいものです。
いいもの見せていただきました。合掌。
 

赤/黒

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月26日(土)01時58分39秒
  旧ミクロマンコマンドの3人の色をそろえてみたパターンのもう一つがこれです。
ブレストの色まではそろっていませんが、あまり気になりません。
オルガの金メッキが省略されていなくてよかったと思いました。
反動力ジャンパーをつけて撮るべきでしたね。
ここに赤黒イリヤを加えて4人にしてもいいです。
あとは黒/白、青/黒、赤/白、橙/黒など、2人ずつならそろうパターンがいくつかあります。
 

0.100

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月11日(金)22時18分12秒
  ミクロアース物語につけた番号で、末尾が00のものは重大な転換点に当たります。
「-0.00ミクロアースの最後」「0.00ミクロアース大爆発」「1.00グッドラック地球」「2.00サラムとサラム」がそうです。
『マガジンゼロゼロ』もミクロマンの重要な情報を知らせてくれますからね。
今回公開した「ツタンカーメン」には0.100を付与しました。
それだけ重みのあるストーリーになっているとは思いますが、転換点としてはどうでしょうか。
実は単に0.10と0.11の間に挿入する数字として、0.101や0.105のように1桁増やした番号のうち、
最もシンプルな数字だったという理由で0.100にしたものです。
本来ならば既にあった0.11以下のページを0.01ずつ後にずらした上で、
「ツタンカーメン」には0.11を付与するのが筋です。
しかし0.11以下のページを全部一度に修正するのは手間がかかるため、
とりあえず0.100を新設するだけにしました。
今後、他の古代遺跡などのページを設置する際に、ついでに番号を整理することもあります。
 

好意的反応

 投稿者:てって博士  投稿日:2015年12月11日(金)03時17分42秒
  ありがとうございます、MC-7さん。
楽しんでいただけたようで。でも難解な所もあったかもしれません。
取材に苦労しても作品はさらっと読めた方がいいとは思いながら、どうしても苦労がにじみ出てしまいます。
最後は少年漫画らしく知恵と勇気で戦う要素を盛り込むのに悩み、大水晶体のアイディアがパッとひらめいて完成しました。
しかし、大水晶体の起源は何なのかという謎を残してしまいました。
アクロイヤー誕生の仕組みについて異論があることは、
Matsumotoさんのツリー形式掲示板で議論した時から承知しています。
総統アクロイヤーは環境がよかったのに悪者として甦ったのは、
アーデンの悪意があったからとしか考えられず、私の意見に対する再反論もないままでした。
そこに深入りせずとも物語は展開できましたが、アーデンとの決着をつける時には影響します。
ツタンカーメン周辺の研究は決着していないため、世界史を勉強していたとしても教科書には載っていないことが多いでしょう。
私も世界史は習ったことがありませんが、今から受験するとしたら駒澤大学の大城准教授に憧れます。
次はサイトのどこに手を付けましょうか。
とりあえず研究室訪問の準備に入ります。
 

大作お疲れ様です。

 投稿者:MC-7  投稿日:2015年12月 9日(水)23時49分39秒
  てって博士。
えー・・・私にはハードルが高すぎです。
何度も読み直してみました。思ったのは「エジプト文明史の勉強をしなくては」です。
日本史、世界史を全く勉強しなかった私の中では、「これが正史でいいです。」ってな感じですよ。
どこからが、ミクロマン絡みの創作部分かを判断することが難しいですって。
しかし、下記の部分が気になる?面白かったですね。


・サハラ砂漠で採れるシリカガラスが隕石由来。
    まさに、水晶体ですね。
・水晶体が人間的進化をして甦るとは、人間の子どもとして産まれてくる。
    これは、私の愛読書「十二国記」の設定と同じで違和感がないです。ナイスアイディア。
・ツタンカーメンの棺の下からM161シェリフが甦ったのは、ツタンカーメン自身がシェリフだったからである。
    同一人物にするとは。なるほど。人間的進化と合致ですね。漫画でもシェリフだし、カタログでもそうですね。
・M162サンダー=クフ王、M163スミス=メンカウラー王、M164サミー=カフラー王・M160エジプトン=モーセ。
    これは面白い。当時?ここ?では人間的進化が選択されていたという訳ですね。して、モーゼ。私の所では、
    ソリッドM101ミクロマンのユダ、ヤコブ、イエス、ヨハネらが名前を変えながら行なっていたであろう事を
    ほのめかしていますが、ズバリ、エジプトンなんですね。二度寝も解決。してステルスがタイムトラベラー。
    なるほど。博士の後作品への懸念が理解できますね。
・αH7を含んだ水晶体に悪意があればアクロイヤーは生まれる。
    これは、難しい所ですね。私的には、悪意ではなく、環境よる影響だったり、生存本能的だったり、と
    理解しようとしている部分ですね。これは個人の趣味、趣向ですのでなんら、問題はありません。
    漫画や、カタログでは相当に悪どい言動がありますからね。はい。
・ギザの3大ピラミッドには異次元との接続を絶つ役割がある。
    この辺が博士の、ニューミクロを絡めようとする挑戦ですね。サラムにしろ、ステルスにしろ。
    して、ピラミッドを、設定通り集光子装置として扱い、大水晶体を動かすエジプトン。いい仕事してますね。

実際の歴史は申し訳ない。理解が及びませんが、うまく絡めているんでしょうね。
さすが博士です。そして、いい画像を選択してますね。特に、ツタンカーメンマスクの写真は
違和感を感じながらも、言われるまでは本物の画像と認識してました。

大作、お疲れ様でした。読み応えありましたし、今後が楽しみです。
今はちょっと忙しくなってしまってますが、創作意欲に火をつけられた感じです。
今後のミクロマン。新たな盛り上がり時期が来るのが楽しみですね。
がんばりましょう。
 

レンタル掲示板
/62