teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


スーパーミクロ写真

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年10月 1日(日)00時36分49秒
  カタログの「スーパーミクロマンとは」のページに載っているのと同じ写真を合成し、
ミクロアース物語0.04に載せました。
サイト創設以来の宿願を果たしたことになります。
平成17年に画像を大量に入れた時も、スーパーミクロマンは未入手で、
写真を載せる場所だけ空けていました。
幸い平成18年頃に入手できましたが、写真の処理技術が伴わず、
それからさらに10年以上もかかってしまいました。
やっと完成した画像も妥協の産物です。
カタログと同じになるような照明の当て方はどうしてもできませんでした。
背景の渦巻き銀河の写真は、古いものを探す努力を惜しみました。
その代わり、カタログ写真でははみ出ている部分まで見せ、カタログ写真より大きく載せました。
テグスを使わなくても、多重露光しなくても合成できる、フォトショップのお陰です。
 
 

ブラウザ比較

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 6月 5日(月)23時47分47秒
  私はInterenet Explorer(IE)ばかり使っていますが、ブラウザによってこのサイトの見え方に違いあるのかどうか調べてみました。
上から、IE、GoogleChrome、Microsoft Edgeで表示したトップページです。
文字の表示間隔やフォントなどが少し違います。
IEで確認しながらページを作っているのでやはりIEで表示したものが一番イメージに近いです。
また当然ですがモバイル端末で見るとさらに違います。
みなさんも私と同じ物を見ているだろうというのは実は思い込みで、
多少ずれはあるかもしれないという認識を頭の隅に置いてサイトを作っていくことにします。
 

うっとり

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 5月24日(水)00時29分35秒
  「いいね」ボタンがあればもっと気軽に反応がいただけるのかも知れませんが、
こういう前世紀風にコメントを残す掲示板にわざわざ感想を書き込んでくださったことには
それだけの重みを感じます。本当にありがとうございました。

丸いシールの細い線はほとんど印刷に出てこないんですが、
昔の写真をよく見ると解像限界ギリギリで同心円があるように見えるのと、
シリーズの統一性を出すためにこうしました。
カタログそのものでなく、開発者の当時の狙いに適うことを目指しましたので。
M101とM111はシリーズのリーダーなので、統一性を保ちつつもやや特別なデザインになっているのだと解釈できます。
M121シリーズで、☆が2人、+が2人というのは、後の正式な手首のステッカーが
2人ずつ別のデザインになっていることに通じているような気がします。
その上でM121はリーダーなので傾けてあるという解釈です。
赤十字がなぜバーンズではなくミラーなのか不思議ですが、
正式なステッカーが決まるまでには何かやり取りがあったはずです。

この写真を撮って本当によかったです。
喜んでくれる人が多いみたいですし、誰より自分がうっとりしてしまうんです。
6歳の頃に返ったような気がします。
 

これって

 投稿者:MC-7  投稿日:2017年 5月22日(月)23時46分33秒
  うっとりしますね~。この構図。
この当時の宇宙感というか、SF感というか、とってもいいですよね。
マシンカーシリーズの現実感のマシーンが出るまでは、SF、SFって感じでしたからね。
んん~。最高です。
シールも、よくここまで再現可能でしたね。
以前のアクロイヤーのシールにま負けず、素晴らしい。
楽しい!
 

シール作り直し

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 5月 7日(日)06時55分45秒
  昭和50年のカタログに載っている写真を再現するためのシールを自作しました。
くちびるさんにもらったシールもよかったんですが、レコードジャケットにもっとはっきり写っている写真があったので、それを見て作り直させてもらいました。
背景に使うグード図法の世界地図は、下記のサイトでダウンロードしたものをA3で印刷して、青い模造紙に貼りました。
以前は地名も載っているやつがあったはずですが、これが一番詳しいグード図法の地図です。
こうして、今あるもので当時の雰囲気に近い写真が撮れました。
開設15年でサイトトップページがようやく完成しましたよ。
ミクロアース物語0.04に新しく載せた画像もかなりいいでしょう。

http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/tsato/graphics/map_projection/

 

そうですね。

 投稿者:MC-7  投稿日:2017年 4月23日(日)23時26分56秒
  私の所では、ストーリーの幅を膨らませたいので
設定されている所は忠実に、設定されていない所は自由にさせてもらってます。
(暴走とも言う・・・汗)なので、「新たな事実が現れると修正されるもの」と
割り切ってます。(だから新たな事実が現れないうちに・・・と思ってるのですがね。)
しかし、存在は認めてもらえてありがたいです。

 てって博士の「αH線が7つに分離」は全く違和感無いですよ。
この部分はこの時代設定のミクロマンが新たに商品されたとしても
影響を与えない設定だと思います。有りです。
ガンダムのミノフスキー粒子がいじりようがない設定になっているように
これが公(おおやけ)になっていくような気もします。(あえて公式とは書きません)
ありです。
 

仮説、新設定

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 4月15日(土)09時12分35秒
  ダーウィンの進化論は、ご承知のように自然選択説に則っていて、
元々多様な形質がある中で環境に適応できない者が淘汰されるというのが趣旨の仮説ですね。
しかし、どうして多様性が生じるのかについては、突然変異説と、
さらに詳しい遺伝子の働きを説明する分子生物学を必要としています。
その辺りに納得しない人が多いため、何か「大いなるもの」が関与する余地があるようです。
それが神かサタンかは分かりませんが。
トム・リポートには、タカラや森藤先生のストーリーにも出てこない新設定が登場し、
トム自身も驚いていますね。
後で全て辻褄が合うことになるようなので、それはそれでいいと思います。
ただし、公式設定や科学、歴史的事実以外のことを新たに設けるのには慎重でいたいです。
その点で、αH線が7つに分離するなどと書いたことは、
かっこよさのためだけに私が恐る恐る書いたもので、
いつでも批判にさらされる覚悟が要りました。
 

もうひとつ

 投稿者:MC-7  投稿日:2017年 4月12日(水)00時55分35秒
  私の立場では、ミクロマン個々は別種の生物と仮定して組んでいます。
遺伝情報が一緒ではない。ということです。はい。
なので、ミクロマンのままでは子孫は残せないのです。
ちなみに子孫を残すためにはトム・リポートで紹介しています。
 

あらゆる可能性

 投稿者:MC-7  投稿日:2017年 4月12日(水)00時50分52秒
  いいですね。楽しみです。

進化論。私的にはどの宗教にも感化されていません。
が「生物の意志」「子孫を残すためには」などと言うイメージがどうも合いません。
キリンで言えば、高い所の葉っぱに届いた個が生き残って行き、子孫を残せた結果として
首の長い者が残った結果なだけだと思っています。
生命の発生なども「宇宙の意志」に含めますが、それは「こうなりたい」「こうしたい」ではなく
「環境ストレスに耐え生き残った(選択された)個が居るだけ」の繰り返しという立場です。

ミクロマンのカプセル内での作用(システム)も環境ストレスありきで、カプセル内で進化(テスト)が促進され
「生き残る可能性のある進化が選択されていった結果」と考えています。
そのため、私の所の「創作」の基礎は、ミクロアース人がαH7の作用を何らかの方法で
カプセル・システムに置き換えた。ということで組み上げています。
そのため、商品にカプセルが付いていないミクロマン(アクロイヤー、タイタンなど)はαH7での進化としています。
なので、αH7はイカルスの報告にあるように、進化が自然環境下(αH7影響下の事ですが)で
短時間で起こすことができる元素である。と考えています。
アクロイヤーはその進化の選択が環境ストレスの違いなだけでαH7をも取り込んだ生物。と仮定してます。

こういう話って、博士としかできませんね。ありがとうございます。




 

進化とαH7

 投稿者:てって博士  投稿日:2017年 4月11日(火)06時09分42秒
  今のαHについての理論はMC-7さんが見ても大きな破綻はないということですが、
MC-7さんも言及している、進化についての考察が実は一番甘いところです。
αHが進化に関与する仕組みをきちんと説明できなくてはいけません。
進化論への異議は、聖書を信じている人達が強力に訴えていますが、
神があらゆる生物種を創造したという聖書のシナリオは、
現代の分子生物学による進化の説明とそんなに矛盾していないような気がしています。
ガリレオの時代には否定された地動説が紆余曲折を経て教会に認められたように、
案外キリスト教も進化論を見直すようになるかも知れません。
しかし、神の代わりにαHが進化を促したという説明は、キリスト教徒が受け入るとは思いません。
神は人間の幸せを願っていますが、αHはそのような意思を持っているとは考えにくいからです。
そうですねえ、進化しようとする生物個体が、
どんな生物になりたいかをイメージしながらαHの影響を受けることで、
1世代のうちに進化するような仕組みです。

この研究所にとってαHの謎に正面から向き合うことは基礎です。
それができた今、あらゆる可能性が広がっています。
 

レンタル掲示板
/65