teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


追加の写真

 投稿者:中島  投稿日:2018年 8月 8日(水)07時41分41秒
  暑い暑い日が続きますね。長野も先日は37℃超え。記録的です。それでもこの暑さの中、山に行ってきました。志賀高原の岩菅山です。2300m程度ですが、頂上ではアキアカネが飛び秋の気配が。植生も秋の花に変わりつつ有ります。皆さんあと少しの辛抱です。熊野大会の追加の写真を載せます。  
 

レポート続編

 投稿者:矢村  投稿日:2018年 8月 5日(日)21時55分10秒
  畑さん、忙しいのに「書き込み」していただいてありがとうございます。HPの再設定?なかなか困難なようですね。
ところで、レポートに加藤さんの登場が抜けていました。前日大分を出てフェリーで朝神戸着。大阪に出てそこから紀伊半島を大きく回り終点新宮まで「くろしお」で移動し、乗り継いで尾鷲の宿「勝三屋」に着いたのは午後4時過ぎでした・・・だったかな?? とにかく毎回毎回遠いところからありがとうございます。また、九州にもお邪魔しなくては!
それと2日目最後の「花の窟神社」が抜けていました。いかにもパワースポットといった巨岩がご神体の神社です。
あと、レポートの写真の中島君のポーズですが、あれ、気分はガストン・レビュファ??
 

谷村レポート4

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時50分37秒
  写真4  

谷村レポート

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時49分48秒
  写真3  

谷村レポート

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時48分42秒
  写真2  

谷村レポート

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時44分35秒
  写真  

矢村レポート

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時43分24秒
  写真  

谷村レポート

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月31日(火)07時40分50秒
  ねぶかin熊野2018
 皆様、この猛暑の中いかがお過ごしでしょうか。私、チベット高気圧なるものを初めて聞きました。今現在、私たちはこのチベット高気圧と太平洋高気圧の二つが重なった真っ只中にいるとのことです。・・・不要な外出は避けてください・・原則運動禁止・・・と毎日熱中症対策情報が流れています・・・。 そんな中、ねぶかの熊野古道踏破は強行されました。
 7月14日、私は川崎君の車に同乗させていただいて森君宅に10:30着。そこから、森君の車で一路尾鷲に向かう一方、中島君は早朝長野を出発して畑君宅へ。ワンコは前日畑君宅に到着して一泊。畑・アップ・中島・ワンコ4人が畑君の車で同じころ尾鷲へと向かいました。あらためて、紀伊半島というのは海と山のみで「平野」というものが全くない世界であることを知りました。車窓の景色は山また山。峰々が折り重なるように続いているのですが、一旦山を下ると5分もしないうちに青々とした太平洋が開けてくるのです。熊野古道の伊勢道は海に沿って熊野へと向かっていますが、どうしてどうして平地が少なく幾つもの峠を乗り越えなければたどり着けない難所なのです。そんなことを尾鷲の「熊野古道センター」で勉強し、明日に向けての情報収集を行いました。取り分けボランティアガイドさんの話は大変参考になりました。果たして明日は、八鬼山越え?馬越峠道?松本峠道?・・・そんな初日の宿泊地「渡船宿 勝三屋」もいかにもそれらしい宿です。尾鷲に下りて次第に漁師町らしい狭い道に入り込み、すれ違いもままならない細い道をさらに進むと小さな漁港に出ます。三方を山に囲まれた天然の要塞みたいな港です。宿はその船着き場に面していました。朝の3時過ぎ、人の声がし始めると間もなしに船のエンジン音が響き4時頃にはその音も沖へと遠ざかっていきます。5時過ぎに中島君と散歩に出たのですが、ちょうど釣り客を降ろした船が帰ってきたところでした。酒代込みで7,000円余り。カツオ、グレ、えび等々他にも食べきれないほどの新鮮な魚介類が並び大満足の初日でした。ねぶか公認『星五つ』です。
 7月15日、いよいよ今回のメインイベント『熊野古道』です。昨日のボランティアガイドさん曰く「この猛暑の中、『八鬼山越え』は無謀!」。よって、『馬越峠道』に決定。9時半ころ「海山道の駅」を出発し、13時30分頃には同じ場所に全員が戻ることができました。当初ワンコとアップは石畳道を多少歩いて戻る予定でしたが、なんと峠まで登り切る快挙。男性陣は付録で天狗倉山山頂まで足を延ばしましたが、標高300メートル余り、ヒノキや杉の森の中とはいえ、やはり暑さは相当なものでした。
時間に余裕ができたので、欲張って熊野三山の一角「熊野那智大社」へ向かうこととなったのですが、「10数年前のナビ」では日進月歩の道路状況にはついていけずあえなくギブアップ!鬼ヶ島・獅子岩に立ち寄って、熊野の宿『ホテルなみ』に17時過ぎにチェックインしました。熊野灘を一望できる素晴らしい眺望のホテルで、食事もやはりおいしいお魚類が出て生ビールが喉に沁みて『星五つ』!ただ、何故か『ダブル』だったのです!??
長くなったので、三日目は簡単に。初めに熊野那智大社と青岸渡寺に参拝し紀州勝浦駅にて加藤君が『くろしお』で帰路につきました。そのあと速玉大社に全員が参拝し、畑君・アップ・ワンコ・中島君組は帰路につきました。森君、川崎君、私は熊野本宮大社まで足を延ばし、その勢いで十津川村を走り抜け、道中「谷瀬の吊り橋」にも立ち寄りました。帰路、川崎君のナビ画面に「十津川村に大雨警報」を発見!日本全国猛暑の中『大雨警報』発令!には「さすが十津川村!」と感嘆の声。「降水量日本一」は半端じゃない!
盛りだくさんな「ねぶかin熊野2018」でした。畑君、ありがとうございました。
それから、アップ・ワンコの参加にもお礼申し上げます。もし女性陣の参加がなかったら・・・至るところ殺伐とした情景が繰り広げられていたでしょう。(これは、川崎君の感想です。念のため。)
 追伸。森君、あの熱中症予防グッズ「名前は?」大いに役立ちました。炎天下でも1時間位の作業はOKでした。ありがとうございました。
2018.7.25 矢村記
 

熊野レポート送信

 投稿者:矢村  投稿日:2018年 7月26日(木)11時41分30秒
  管理人 様
レポート、昨日送信しました。
あと、よろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 7月19日(木)22時46分11秒
  畑さんご夫妻この度は大変お世話になりました。
皆様方にもいろいろと大変お世話になりました。
想像を遥かに超える熊野の山の深さとそこにある古道の石畳に感動しました。
誠に有難うございました。
 

レンタル掲示板
/54