teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


百均ブックケースの利用

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 4月15日(木)04時44分57秒
  百円均一店で売っているブック型のプラケースは、21世紀鉄仮面さんに教わって使い始めました。
ボンボンの切り抜きやマイクロノーツコミックスを入れて本棚に仕舞います。
カバヤミクロマンキャラメルの収納にも重宝します。
単体のミクロマンを入れると、さすがに本棚に立てることはできませんがかなり扱いやすくなります。
カプセルから出すのは収納密度の都合でちょっと考えにくいですが、MC-7さんのように最重要品なら剥き身でブック型ケースに入れることはありですね。
私のゴールドフードマンのような扱いは、ポリ袋を使っているとは言え、罰が当たりそうです。
そういえば、テレマガ付録のミクロマンクラブケース、あれもブックケースみたいなものです。
ミクロルガー、ミクロワッペン、シャーペン、キーホルダー、双六の駒、ミクロマンカード、紙製ワルサーP38とアクロイヤー基地などを入れています。
 
 

収納方法

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 4月15日(木)04時07分44秒
  ペーパークラフトへの好反応ありがとうございます。
主要部品の完成までもう少しです。

MC-7さんの収納はコレクションを「生かす」術として大変参考になります。
方法も見事ですが、初期の垂涎アイテムが揃っていることも羨ましいです。
スカイランブラーの腕の部品がなかなか、ね。

収納場所が限られていると、どうしても密度を上げざるを得ませんので、
箱のあるものは立体パズルのようにあっちに向けたりこっちに向けたりし、
その隙間を箱のないもので埋めることになります。
当然、見えにくいことが多いです。
立体パズルのような詰め込み方は再現が難しいので、奥から取り出すのは億劫になりがちです。
これではコレクションを「生かす」ことはできません。
多くは段ボールを使いますが、せめて見やすいようにとプラスチックの衣料品ケースを使う人もいらっしゃるでしょう。
私の特徴は、箪笥を丸ごとミクロマンに使っていることです。
引き出しというのは取り出しやすいものです。
しかし、初めはシリーズごとになっていても、だんだん関係ない物が集まってくる傾向があります。
もう少しゆとりがほしいですね。
そして時々整理し直すことも必要です。
私の場合、○○パワーズ、××フォース、変身△△などは、引き出しではなく段ボールでもいいんです。
よく動かす昭和50年代の商品群は取り出しやすいところに置いておきたいです。

そしてもう一度家を建てられるのなら?
おもちゃ屋の棚のように、箱で見せるか、
博物館のショーケースのように、立たせて見せるか、
目指すものがはっきりしないと目指せないのも悩みです。
 

続き

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 4月12日(月)20時09分51秒
  こんな感じで、自作品は箱やカプセルから出さなくてもすぐに見れるので、いつでもうっとりできます。(笑)  

さらに

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 4月12日(月)20時06分23秒
  マシン等の大物や、見せたい自作ミクロマンなどです。  

箱の無いミクロマンの整理

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 4月12日(月)20時03分29秒
  以前、博士にコレクションの整理について話した頃から
私も埋もれているミクロマンを見える化しようと思い整理はじめました。こんな感じです。参考まで。
 

いい感じ!

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 4月12日(月)19時50分49秒
  写真だけだとどっちが製品かわからないからレベルですね。
付け根の歪みがあったので製品版のほうが自作だと思いました。しかし、紙製でここまでできるんですね~。
床との接触配慮など心のこもった感じもいいですね
ロボットマンに装着された状態もいいですが、個人的には単体のキャタピラ版が好きです!
 

ディテール追加

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 4月11日(日)19時44分54秒
  木工ボンドの代わりにセメダインCで組み立ててみましたが、強度の違いはほとんどありませんでした。
セメダインCは銀色面にはみ出ると除去が難しいため、木工ボンドの方がよさそうです。
今回の試作では筒状の5ミリジョイントを多数取り付けるなど、旧製品と同じディテールを追加しました。
木口面にぎんいろ折り紙を貼り付けると、旧製品に遜色ない見栄えとなりました。
筒状部品が集中している部分では空間が少ないため、糊代なしの小面積に木工ボンドをつけただけで筒状部品を組み立てましたが、しっかりくっついています。
ペーパークラフトと旧製品を並べて写真を撮りました。
アームの角度が変わっていることが分かりますが、比べないと気付かないレベルでしょう。
あとは、テトロンシートを使った金属光沢の向上といった課題があります。
 

ステンレスバネ線入り

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 4月 5日(月)06時19分51秒
  太さ1ミリのステンレスバネ線を38ミリ・10ミリ・38ミリで45°曲げたものを3本作り、竹ひごと同じようにエネルギーアームに埋め込みました。
厚紙は2枚重ねだけとし、前回より薄く作りました。
竹ひごより丈夫で精度も上がり、失敗もありません。
組み立ては今回木工ボンドです。
一応セメダインCでも試しておきたいですが、ひとまず骨格はこれでいいでしょう。
エネルギーアームの開き方はこれが最適解で、地面を3ミリ差でよけてくれます。
あとはディテールの完成度を上げる必要があり、ロケットノズル風の5ミリジョイントを増やすことなどが課題です。
 

厚紙3枚重ね

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 4月 3日(土)14時58分24秒
  厚紙を曲げてから3枚セメダインCで貼り合わせ、銀色工作用紙で包むように木工ボンドで接着してエネルギーアームを作りました。
全体の厚みは予定より大きい3.2ミリになりました。
中央にスチールワッシャーを貼り付けてあり、ロボットマンの腰の回転軸に取り付けたときの部品干渉を防ぎます。
昔のエネルギーアームの輪郭よりも3ミリ小さく組み立てられました。
ロボットマンドリル戦車セットの形態で回転させると、地面にぶつからないでうまく動きます。
三脚状態でロボットマンの胴体を載せたら、少したわみ3ミリ広がって持ちこたえました。
ちょっとかわいそうになるくらいのたわみ方です。
残念ながら竹ひごを埋め込んだ前作ほどの強度はありません。
もっと硬くするにはどうすればいいのでしょう?
プラスチック用接着剤で組み立てましょうか。
竹ひご曲げの技をさらに磨き、竹ひごと紙の組み合わせ構造にしましょうか。
それとも新たな素材を試しましょうか。
 

エネルギーアーム強化作戦

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月28日(日)23時59分57秒
  試作エネルギーアームの強度は不満の残るものでした。
ロボットマンのボディを支えても何とか壊れないでいますが、
少したわむのでモーターのスイッチを入れると回転がぶれまくります。
竹ひごも細い割には頑張っていますが、もっと数を増やしたい気がします。
スペースはまだあるのでここを骨格で埋める感じです。
それなら、竹ひごじゃなくて、接着した積層厚紙でいいんじゃないでしょうか。
軽さはスパイヘリほど大切じゃありませんから、竹ひごに拘る必要はないんです。
工作用紙を4枚以上貼り合わせれば木材並みの強度が得られるのではないでしょうか。
接着剤も、木工ボンドよりもパリッと固まるセメダインCがいいと思います。
それにしても、形だけはそれっぽくできましたので、当時品を全く使わないでドリル戦車が作れた意義は大きいです。
 

エネルギーアーム工作開始

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月28日(日)17時02分19秒
  用紙の縁に合わせて竹ひごを接着し、エネルギーアームを組み立ててみました。
竹ひごを半田ごてで曲げるのはかなり難しく、曲げる力が強すぎてすぐ折れてしまいます。
歩留まりは30%くらいです。
プラ棒をろうそくで熱して曲げるのなら簡単ですが、竹ひごほど細くて軽くて丈夫で接着しやすい素材はありません。
木工ボンドが乾くまで輪ゴムで補強して、さあ、充分な強度は得られるでしょうか?
 

竹ひごの骨組み試作

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月25日(木)19時56分59秒
  φ1.8の竹ひごを半田ごての熱で曲げ、丸棒に接着して三脚状にしました。
これに銀紙をくっつける方法でエネルギーアームにできるかもしれません。
竹ひごを組み合わせたものは意外と頑丈で、ロボットマンのボディを載せても平気
‥‥となってほしかったんですけど、強度が全然足りませんでした。
ピアノ線みたいなものでやってみましょうか。
 

エネルギーアーム回転半径問題

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月22日(月)00時35分21秒
  エネルギーアームに取りかかるに当たり、気を付けなければいけない問題があります。
復刻版ロボットマンの首の回転軸にエネルギーアームを取り付けて回すと、
エネルギーアームが地面にぶつかってしまうのです。
それで、昔のロボットマンではキャタピラがわざと裏返しに組み立てられて隙間が生じ、エネルギーアームが地面から浮くようにしたのだろうとダニーさんが推測していました。
ロボットマンの復刻生産が進んでいた頃、私はそんなことも知らずに、キャタピラは隙間のない形で組み立てられるべきだと主張してその通りになりました。
しかし、これではドリル戦車セットと合体したときにエネルギーアームが回りません。
最悪の場合、引っかかったままモーターに電流が流れ続け、発熱して火災が起きるかも知れません。
これではドリル戦車セットを発売することはできません。
私もこの現象をもう一度検証してみることにします。
実際にやってみたところ、エネルギーアームは地面にかすれる程度で、
単2型アルカリ電池2個のパワーでガシュンガシュンと強引に回りました。
ノートに鉛筆で輪郭の型を取って測ったところ、エネルギーアームの回転半径は59mmに対し、首の回転軸の高さは58mmと、かなり近い値でした。
これなら何とかなりそうです。
案1:キャタピラに隙間を作るためのパーツを取り付ける
案2:エネルギーアームの地面にぶつかる部分を2mmほど削る
案3:エネルギーアームの三脚の長さはそのままで、開く角度を狭くする
案4:エネルギーアームの先端をタイヤにして地面に着いてもいいようにする
案5:先端の円盤部や三脚の角度を変えられるようにする
なんてことを考えていますが、3が現実的ではないでしょうか。
 

スピンギヤとスプロケット

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月20日(土)22時18分25秒
  クローラーに動力を伝えるスプロケットという車輪は、スピンギヤによく似ています。
歯車のような棘があって、ホイールナット状の穴が円周上に並んでいるという特徴は同じです。
スピンギヤのデザインソースはスプロケットだったのかもしれません。
玩具版ドリル戦車にクローラーはありませんが、スプロケットならあったと言ってもいいでしょう。
 

タミヤのクローラー装着可

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月20日(土)21時51分37秒
  ドリル戦車ペーパークラフトに装着するキャタピラは、はじめタミヤのクローラーを使っていました。
その後、ロボットマンにもつけられるようにしたかったので、タミヤのクローラーは除外することになりました。
それでも走行性能やルックスでは大変優れているので、もう一度タミヤを試してみました。
以前のクローラーは裏側の突起を全て切り取って薄くし、長さ28コマでしたが、今の仕様に合わせたら少し長い29コマになります。
写真右のようになります。
スピンギヤの軸受けは細めのものを使っています。
なお、今回買い足したクローラーの色はガンメタルで、これもかっこいいと思います。
写真左は、クローラー裏側の突起を切り取っていないので分厚く、その分さらに長めの30コマで組み立てたものです。
偶然にも、リップルボード製キャタピラがずれるのを防止するための凹凸に、切り取っていない突起がちょうどはまりました。
ちょっとクローラーの張り具合が強すぎたので、裏側をサンドペーパーで削って薄くしてやる必要がありました。
エラストマー製なのでやすりをかけると汚くなるんですが、裏なので目をつむります。
やはりこの方がかっこいいです。
ロボットマンに装着することはできませんが、ドリル戦車ペーパークラフトのリップルボード製キャタピラと取り替えることができます。
ペーパークラフトをイベントで販売するとしたら、簡易的なリップルボードのクローラー銀と黒の2種類をつけておき、黒をロボットマンの修繕に回せるようにします。
そしてグレードアップパーツとしてタミヤのクローラーも使えることを記しておくのです。
 

物語育む500体収集

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 2月17日(水)22時58分25秒
  オリテクさんのミクロマンの記事が日経新聞に載りました。
私は電子版の有料購読手続きをしました。
1ヶ月の無料購読期間が終わる前に解約する予定です。
新しい情報はありませんが、46年も前のミクロマンが新聞に載るということが嬉しいじゃないですか。

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO69144740W1A210C2BC8000/

 

壁を乗り越えて

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 2月 7日(日)23時47分2秒
  ドリルの時は、納得できるまで徹底的に修正しましたからね。
隙のない出来映えを目指したことを分かっていただけて嬉しいです。
何度壁にぶつかっても必ず乗り越えられることから、自分には「宇宙」が味方しているような気がしてなりません。
アンテナ状のエネルギーアームは、ロボットマンとの合体で三脚のように使うこともあることから、充分な強度を持たせられるかが1つめの課題です。
そして、ロボットマンと合体して走行する時に、回転するエネルギーアームが地面にぶつかるという問題をどうやって解決するかが2つめの課題です。
皆さんならどうすればいいと思いますか?
 

ああ!まだだった!

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 2月 7日(日)22時28分18秒
  まだアンテナ?でしたっけ?が未完でしたね
楽しみです
 

スピンギア完成!

 投稿者:MC-7  投稿日:2021年 2月 7日(日)22時26分16秒
  ドリル戦車完成ですね!
スピンギアのなんて美しい事か!
角々に紙製の痕跡が全く見られないってどういう事!
凄まじい完成度ですよ~また短期間での完成って凄いの一言につきますね。
実物見てみたい~
 

スピンギヤ完成記念

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 2月 4日(木)23時48分3秒
  ペーパークラフトのスピンギヤはこれで満足です。
予定より順調に進んでいます。
次はエネルギーアームを作ればゴールが見えてきますが、今月中は開発を休み、身の回りの整理に専念することにします。
どうやってエネルギーアームを作るかというアイディアは今もどんどん湧いており、それを試すために戒めを破りたいところですが、ここは我慢です。
やるべきことはほかにもたくさんあります。
ミクロマンの収納は何とかなったとしても、飾ったり遊んだりできないのでは意味がありません。
家を建てたとき、子ども用にする予定の部屋にミクロマンを箱から全部出して並べようと夢見ていたのに、叶わないまま子どもはもう小学生です。
今一度、計画を見直さなくてはいけません。
 

レンタル掲示板
/44