teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/869 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タミヤのクローラー装着可

 投稿者:てって博士  投稿日:2021年 3月20日(土)21時51分37秒
  通報
  ドリル戦車ペーパークラフトに装着するキャタピラは、はじめタミヤのクローラーを使っていました。
その後、ロボットマンにもつけられるようにしたかったので、タミヤのクローラーは除外することになりました。
それでも走行性能やルックスでは大変優れているので、もう一度タミヤを試してみました。
以前のクローラーは裏側の突起を全て切り取って薄くし、長さ28コマでしたが、今の仕様に合わせたら少し長い29コマになります。
写真右のようになります。
スピンギヤの軸受けは細めのものを使っています。
なお、今回買い足したクローラーの色はガンメタルで、これもかっこいいと思います。
写真左は、クローラー裏側の突起を切り取っていないので分厚く、その分さらに長めの30コマで組み立てたものです。
偶然にも、リップルボード製キャタピラがずれるのを防止するための凹凸に、切り取っていない突起がちょうどはまりました。
ちょっとクローラーの張り具合が強すぎたので、裏側をサンドペーパーで削って薄くしてやる必要がありました。
エラストマー製なのでやすりをかけると汚くなるんですが、裏なので目をつむります。
やはりこの方がかっこいいです。
ロボットマンに装着することはできませんが、ドリル戦車ペーパークラフトのリップルボード製キャタピラと取り替えることができます。
ペーパークラフトをイベントで販売するとしたら、簡易的なリップルボードのクローラー銀と黒の2種類をつけておき、黒をロボットマンの修繕に回せるようにします。
そしてグレードアップパーツとしてタミヤのクローラーも使えることを記しておくのです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/869 《前のページ | 次のページ》
/869